船長日記」カテゴリーアーカイブ

バスのポジションがどんどん移動する今の琵琶湖

ある程度は覚悟してましたが、やはり動きますね。琵琶湖のお魚達。週末のロクマル捕獲したのを最後に、ドンドン放水量が落ちていき、それに応じて、魚もポジションもドンドン変わっており、それにアジャストするのが結構大変です。

そんな中で、とりあえず魚を触れているのは、ジャスターフィッシュ3.5&レンジローラーのミドスト。

ゲストさんにも頑張ってミドストして貰い、なんとかGET。

自分もミドストでGETです。

そして週明けには、午前の短時間でしたが、上州屋栗東店のスタッフさんと湖上ミーティング。やはりバイト数は上がらず、まだ不安定なまま。

その中で、魚が反応したのは、ミドストではなく、ジャスターフィッシュ3.5のネイルリグ。

流石に、水の動きが止まっているので、カバー絡みや、ウィードの少し中を狙う必要も出てきました。なので、このネイルリグは使いやすい。

スタッフさんも、ネイルリグでヒット。

釣れれば、ナイスサイズ。

しかも、ガッツリ喰っております。

ヒットルアーはこれ、ジャスターフィッシュ3.5のネイルリグで、カラーは上州屋オリカラ、「若鮎」。自分的には、ウィードのカラーに近いので、まさにウィードに身を寄せる今の時期に使いやすいカラーだと思っております。

このカラーに興味のある方は、上州屋栗東店にお問い合わせ下さい。

と言う感じで、魚が夏のポジションに入れば、釣り方も絞れるので、釣果もアップするでしょう。

ちなみに、ジャスターフィッシュ3.5のネイルリグは、夏のパターンでも、手堅く釣れる釣りの一つなので、琵琶湖に行かれる方は、忘れずに持って行って下さいね。

船長使用タックル(ネイルリグ)

ロッド:シマノ・エクスプライド267Lプラス
リール:シマノ・バンキッシュ2500SHG
ライン:サンライン・Dブレード0.6&FCスナイパー8LB
フック:カルティバ・直リグスピンフック#1
シンカー:カンジ・ネイルシンカーCP1.2g
ルアー:ゲットネット・ジャスターフィッシュ3.5

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドサービスでは8月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

また過去に利用された方に関しては、メールやDMでも承りますので、ご連絡お待ちしております。

0.3g最軽量シグヘッドの詳細?ルアーニュースRにて掲載

まさに、昨年の今頃、池原で良い思いをしていたのが、ジャスターフィッシュ3.5のホバスト。世の中にある通常のセッティングは勿論ですが、密かに進めていたのが、レンジローラーのテスト。

特に最軽量ジグヘッドとなる0.3gに関しては、津風呂湖や池原での反応を色々チェックしておりました。

そんな最軽量ジグヘッドをラインナップしたレンジローラについて、ルアーニュースRさんで紹介して頂きました。

開発の経緯から、このジグヘッドの詳細に至るまで、説明させて頂いたので、是非ご覧になって頂き、発売になれば、皆様のフィールドで試してみて下さいね。

今年の春、やはり最軽量ジグヘッドは活躍してくれました。詳しくはこの動画をチェックです。

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドサービスでは6月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

また過去に利用された方に関しては、メールやDMでも承りますので、ご連絡お待ちしております。

毎日変わる仕事場で、色んなスキルを習得中

今週は、まさにデスウィーク。色んな意味で試される1週間になる。まず、週末の琵琶湖ガイド業を何とか乗り切った、翌日は起床4時前で、日の出前に滋賀を出発。

琵琶湖の日の出前を見ながら、他のフィールドに行くのも、少し変な気持ち。

行き先は、三重の野池。何気に今年最初の野池になるので、自分的にはかなり楽しみにしておりました。

琵琶湖とはまた違ったスタイルで、このスタイルでしかできない釣り方や、勉強になる事も多く、これはまた開発業務にも活かせるので、できるだけ続けていきたい。

またこの雰囲気も最高。特にこの時期は見える天才君を相手にするので、色々試行錯誤が必要です。

一緒に行ったのは、野池マスターのオッチー。この写真は吊るし中で、鼻先まで、魚が来ており、もう食う寸前で見切られました。

この一部始終を見たり、教えて貰ったりで、かなり参考になりました。確かに、この吊るしは、琵琶湖の沖の釣りでは直接、役には立ちませんが、魚の習性という面で考察すれば、参考になります。

ちなみに、自分が久しぶりにやりたかったのは、ジャスターフィッシュ3.5のピュンリグ。魚が見えてなくても、誘い出して、それを食わせるまでのプロセスがかなり楽しい。

特に野池やリザーバーの場合、そのプロセスが丸見えなので、エキサイトしますからね。

ちなみに、今年はそのピュンリグにプラスして、0.3gレンジローラーも有るので、さらに面白い。実際、この時もあっさりナイスサイズをゲットできました。

野池のコーナー部分にレイダウンが有り、それにそってホバホバさせていると、下から出てきて、あっさり吸い込みました。それが一部始終見えるからエキサイトします。

0.3gという最軽量のジグヘッド。この軽さにも関わらず、ジャスターフィッシュ3.5をきちんとロールさせるバランスでデザインされているので、野池でもリザーバーでも、相当なポテンシャルを秘めております。

そして、野池勤務の翌日は、日本海勤務。滋賀県・琵琶湖勤務の翌日は三重県野池、さらに翌日は福井県小浜での日本海。日々変わる自分の仕事場。

体力的には正直きつい時もありますが、この景色を見ながらコーヒーを飲むと、また頑張ろうと思える。

改めて思う、本当に自然って凄いパワーを持っておりますね。この景色の中にいるだけで、自然治癒力が高まり、免疫力が上がるのは間違いないです。

ちなみに、日本海を見ながらの作業は、ボート整備。相変わらず、色々起こるもので、焦らず、きちんと取り組んでいくしか無さそう。

どんな事でも同じですが、何か新しい事をやろうと思うと、色々有って当たり前。色々ある事が全て、経験値としてUPしていくので、長い目でみればマイナスでは無い。

バスとソルト、同じ釣りでも、求めらるスキルの種類が異なるので、今は覚える事ばかりですが、今はそれが楽しい。50歳過ぎてから、色んなスキルを習得する楽しみ。

さらに人間関係もどんどん広がり、仕事にも幅が出てきたので、それも楽し過ぎます。今は大変ですが、数年先は、それが良い思い出になり、その時、自分はさらに先を行くだろう。

今週はまさにデスウィークで、かなりタイトなスケジュールとなっておりますが、1分1秒無駄にせず、取り組んでいきます。