船長日記」カテゴリーアーカイブ

連休前半は寒すぎる!!人生初の釣りに挑戦!!

大型連休もいよいよ後半という事で、天気的には、今からの方が良い感じに思えますが。船長ガイド、前半は何故か?オール琵琶湖勤務に勤しんでおりましたが、天気的にはもう最悪で、寒過ぎる。

そんな中でも、連休初日は特に寒かった。ゲストさんは関東からで、ようやく遠征組の方々からの予約が入り始めた感じです。

しかし、この日はゲストさんにとってかなり過酷になりました。スタートの時は、まだ雨も小雨で、支障なしの程度。

ちなみにゲストさんは、人生において釣りを初めてスタートされたようで、新幹線でスピニングを一本だけ持参して、人生初のバス釣りに挑戦される日。

しかし、今の琵琶湖、今からバス釣りを始められる方には、かなり厳しい湖となっております。釣れればデカイかもしれませんが、その前に、殆ど反応がありません。一度ミスると、次が無い。

これでは、練習ができない。今年は、稀にみる難しさで、ガイドとしても、本当に辛い日が続いております。

ちなみに、この日は時間が経つにつれて、雨足も強くなっていきます。そんな中、頑張ってキープキャストして頂きましたが、反応は一切なく、寒さもあり、午前中で終了とさせて頂きました。

少ないチャンスを確実にものにできる程、慣れていれば良いですが、今から練習する人には、今年は辛い状況です。

この寒さがなくなり、気温&水温ともに落ち着いてくれば、この難しさも、ましになってくると思いますが。結果的には、今年の春は、過去に例がないレベルで難しいの一言です。

釣り人として、記録を狙うのも楽しさの一つですが、その他にも、釣りというレクレーションの一つとしてのレベルでも琵琶湖を楽しんでほしいところ。今は、アフター回復に期待ですね。

と言う感じで、前半は、超苦戦な琵琶湖勤務となっております。

只今、殺人的スケジュールを消化中

各検査で特に異常が無かったのは良い事ですが、先週から殺人的スケジュールをこなしている最中で、今も継続中。これが続けば、また検査になるかも。

と言う事で、まずは先週の琵琶湖ガイド。こちらは、何故か極端に反応が悪くなっており、基本バイトは殆どでない。3月の方が釣れており、4月の今の方が難しい傾向。出るのは陽が落ちる時間帯で、通常の時間帯はかなり難しい。

残念ながら、4月の琵琶湖で期待MAXのゲストさんは、完全撃沈。4月にくらうのは、精神的にやられます。

琵琶湖ガイド終えた後、バタバタと用意して、とある仕事で、西へ西へ向かいます。今回は、自分が見知らぬ土地で、初対面となる方達と、あれこれする事に。

この作業の結果はいずれ、また形となって報告できる日が来るはず。

夜は、久しぶりの出張なので、風情のあるホテルをとり、リラックス。海の見える部屋で、温泉も色々あり、少し旅行気分を味わう事に。

窓からは漁船が見えて、CMに出てきそうな雰囲気。いつみても思う、海は広い。

1泊2日の作業を終えた翌日は、すぐさま琵琶湖勤務。バスボート初めてのゲストさんと、意気揚々と湖上に出るが、水の中は、相変わらずかなり厳しい状況。

シンカーものを入れるとどうも反応がない、そこで、困った時のノーシンカーを投入してもらうと、すぐさま反応。数回バイトがあるが、やはり食いは浅く、そうそう取れない感じ。

今年の春は、なかなかリズムがあわず、苦戦気味。冒頭にも書いたが、先週から特に難しい気がする。

次の潮回りで、変わると思うので、今しばらくの我慢かもしれませんね。そして、その後も、フィールドワークはまだまだ継続中で、休みは全くありません。

今、申し訳ないが、本当に生きるだけの睡眠時間をなんとか確保するのが必死で、このブログもなかなか更新できない状態です。流石に、これ以上無理すると、ヤバい気がしているレベル。

いつもこのブログをご覧の皆様や、応援して下さっている方々には、いずれ報告できると思うが、自分の思い描く環境をさらに整える為に、今は24時間体制で動いております。自分にとっても未体験ゾーンに突入します。

マジで、必死のパッチなので、暖かく見守っていて下さいね。

上から下から、ともに検査OK。これで思う存分いくよ

今日は気持ち的にスッキリ。これで今年もさらに全力でいける。と言うのも、今年はおそらく体力的に相当パワーがいる年になり、今後を決める重要な年になると思っている。

故に、体力勝負なので、先月は胃カメラ、そして今日は大腸内視鏡検査を受ける。(毎回ですが、下剤2Lが辛い)

前日は病院食で全くパワーでず。今日は絶食で2Lの下剤。と言う事で、2日間ガイドができない事に。これだけでも、大きなマイナス。

特に大腸は自分の中で、少し不安があったので、少し心配していたが、今日の検査でOK。

50歳から何かをやろうと思うと、本当に体力が必要で、次にいかにモチベーションを維持するか?もう今まででええか?と守りに入ると、自分的にはもう終わり。

いつも思うが、50歳という年齢は、何かやりたいと思うなら、ここがラストに近い。ここで先送りにしたら、もう死ぬまでできないだろう。だから、やらないなら、やりたいと思わないようにする事。それも生きる道。

しかし、今の自分は、今までよりも、今からを選んだので、やるしか無い。だからこそ、これからの道をつけるまで、「我が身体よ、もう少し頑張ってくれ、耐えてくれ」と強く思うばかり。

思っている程、挑戦できる時間は無いからね。検査後、ボート横の桜を見て、また夜の散歩で夜桜を見て、少しほっこりしております。