SEAGET」カテゴリーアーカイブ

まずは小浜の家から!!

何とか時間を見つけて、大掃除を開始。まずは滋賀の自宅ではなく、小浜の家からスタート。50歳からの挑戦という事でスタートした、日本海での遊漁船事業では、港と小浜の家との往復で、この家にいる時間が圧倒的におおくなった。

まさかこの歳になってから、単身赴任になるとは想定外な事。特に今年から、日本海遊漁船SEAGETの昼便に加えて、半夜から深夜まで、色んなメニューを試行錯誤でやってみたので、生活のリズムを掴めない。

体力がある若い時なら、問題ないが、流石に50歳を過ぎてから、昼夜逆転かつ、1日2便体制の18時間労働が続くと、色んなところに歪みがくるもの。

と言っても、この環境も誰かに命令された訳ではなく、全て自分で選び決めた事。やるのも自由、やめるのも自由。だからこそ、どんな環境であれ、それなりに納得して取り組む事ができる。

自分の思考の中で、今も昔も変わらない事は、もっともっと釣りを楽しみたいなら、道具がどうこうより、環境作りに力を注ぐべき。

釣りができる環境を常にアップデート、それこそが1番だと今も強く思う。

今年、この小浜の家で経験できた事は、今後のベースになる事は間違いない。そして、来年は、色んなメニューを、快適にこなせるように、さらにアップデートしていくつもり。

琵琶湖も日本海、好きなタイミングで、好きな船で、好きな釣りをする。全ての選択が自分にある環境ができるように、取り組んでいきたいと思っている。

50歳からの挑戦を支えてくれた小浜の家に感謝しながら、今後はどうアップデートしていこうか??来年への想いを巡らせながら、掃除をする52歳の船長でした。

毎度の「船長の戯言」でした。

秋のデカアコウ狙い。少し探究してみます。【アコウ釣り】

10月末のSEAGET、オフショアー初めてのゲストさん達と小浜沖へ出撃した時の事、この日は前日からのウネリがまだ残っており、前半は少し苦戦気味の内容となりました。

そんな中、釣りのメインはタイラバで、只管巻いて貰います。

すると、この日は、なぜか鯛系が反応せず、その代わり、デカアコウ(キジハタ)が釣れます。

しかも、単発ではなく、ポロポロと釣れる感じ。

完全に夏から秋にシフトしたようなポジションで、釣れるスポットに共通点があり、試しに数カ所、回ってみることに。

すると、やはりコンディションの良いデカアコウが反応します。いつもは、ジグやタイラバで、外道的に釣れるアコウですが、この時は、狙って釣れる感じで、自分の中では、新たな発見となりました。

なるほどね??一旦、こんなスポットに溜まるのかも??と自分の中で、仮説を立てる。

そしてさらに、同じようなスポットで反応が続くと、少し確信に変わる感じ。

これなら、タイラバではなく、次はSLJで狙ってみたら、どんな反応が出るのか、試してみたい。

今年は夏場に、バスタックルで狙えるアコウプランを企画して、お陰様で好評頂きましたが、次はSLJで狙うデカアコウも楽しいかも??

このクラスを連発させようと思うと、やはりベイトの存在は結構大事で、しかもそのベイトも動くので、かなり厄介。

このクラスが狙えて、かつライトタックルで釣れれば、楽しいので、時間ある時、色々試したいと思います。

ジギングデビューさんにバイトが出る秘密??

10月9日(日)10月上旬にしてはシケが続き、久しぶりの出船となったSEAGET。この日も、オフショアーデビュのゲストさんやオールレンタルのゲストさんを交えて小浜沖へ出撃です。

救命胴衣オレンジ友の会や黄色友の会は、今からの季節、暖かいので、何気にOK。

すると、釣りが初めてのゲストさんに良い手応え??引きの強さに本人さんもビックリ。

メジロをゲット。一発目から、このクラスが掛かると、楽しいはずです。

その後も、飽きない程度に反応が出て楽しい雰囲気。レンタルロッドがブチ曲がり。

サワラをゲット。お持ち帰りには、最高の獲物。

次々と良いお土産が追加されていきます。

後半はエリアを変えて、できればタイラバで狙うも反応がイマイチ。同じエリアでも、タイラバではなくて、ジグでたたくと、反応が出ます。

安定の根魚は釣れます。

ナイスアコウもゲット。

毎度のことながら、ライトジギングとタイラバ、二つのメニューをやっていると、あっと言う間に1日が終了です。ゲストの皆様、最後まで頑張って頂きありがとうございました。また皆様で遊びに来て下さいね。
今後ともよろしくお願いします。

最近の傾向として、初めてジギングをされるゲストさんに反応が多い。と言うのも、ボトムでノタノタと動かすアクションに反応しており、ジグを飛ばし過ぎると、サイズが落ちたり、イマイチな感じです。

どうしても、慣れてくると、アクションは早く成りがち。リズミカルでないアクションが効く時は多々あります。ジギングあるあるですね。

今後はまた変わっていくと思いますが、色々試していきたいと思います。

まさに日本海も秋本番、少人数による乗合&チャーターで、タイラバ&ライトジギング便を受付中です。詳しくは杉戸船長WEBサイトよりお問い合わせ下さい。

琵琶湖ガイドにおきましては、日本海便との調整が必要となりますので、日程等はできましたら、WEBからメールまたは電話等でお問い合わせ下さい。調整つけば、ガンガン出ていきます。

琵琶湖も日本海も季節が進み、色んな釣り方がで楽しめるようになってきました。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。