GETNET」カテゴリーアーカイブ

船長に相談 !! 俺の夢、琵琶湖プロガイドを職業に !?【琵琶湖バス釣り】

既に前回のブログでもお知らせしましたが、先週末は、若いアングラーと琵琶湖に出ており、ある話をする事に。そして、その内容は、タイトルでもあるように、彼の夢でもある、琵琶湖のフィッシングガイドについて。

今の状況から、普通の考えからすると、「やめておけ」の一言。しかし、人の人生や想いはそんな単純ではない。

25年以上、琵琶湖ガイドをやってきた自分だからこそ、メーカーを経営しているからこそ、またさらに大きなくくりで、遊漁船業を営む先輩として、さらに人生の先輩として。

色んな想いをから彼に話してみました。今回は、そんな自分の想いの一部を動画で公開させて頂くので、興味ある方は、是非ご覧ください。

動画を公開、初釣りは琵琶湖の一発狙い !! やはり痺れました【琵琶湖バス釣り】

昨年の初釣りは日本海でしたが、今年の初釣りは琵琶湖からスタート。と言うのも年末の釣り納めで琵琶湖に出た時、惜しくも一発、自分のミスで逃しており、それがかなり悔しかった。

そんな思いが残っているうちにリベンジで、初釣りは琵琶湖勤務となりました。

昨年は概ね月に一回行けるかどうかの琵琶湖勤務でしたが、今回は1週間も空けずの琵琶湖。なので、ウィードの状態やベイトの感じが、雰囲気的に掴めたので、エリアも釣り方も絞りやすかった。

これで、年末年始は琵琶湖攻めとなり、今の自分の環境ではかなり新鮮で、琵琶湖が楽し過ぎる。この感覚は今までにない感覚で、少し離れてわかる琵琶湖バスフィッシングの面白さって感じです。

年末と違って、さらに濁りが広がった琵琶湖南湖。絞ったエリアで、絞った釣り方で、只管キープキャスト。この狙っている感覚が最高に楽しい。

そして、結果的に何とか初フィッシュとなる痺れる50UPをゲット、思わずガッツポーズが出ました。内容的には琵琶湖南湖、超定番ポイント、超定番釣り方。勿論、レンタルボートでも行けるので、是非、ご覧になって頂き、痺れる琵琶湖アタックして下さいね。

そして、お知らせですが、かなり勝負の釣りにはなりますが、冬の琵琶湖で一発狙い、杉戸船長琵琶湖ガイドでご案内させて頂きます。

まずは3月中旬までとなりますが、勝負の釣り、運試しをされたい方がおられましたら、是非遊びに来て貰えればと思います。

スケジュールの確認、ご予約はリブレの予約WEBサイト&杉戸船長オフィシャルWEBからご確認下さいね。勿論、琵琶湖の湖上で、日本海の話もたっぷりさせて頂きますので、お楽しみに。

では、皆様のお問合せ&ご予約お待ちしております。

昨年の今日は、こんな姿してました。

12月2日、昨年の今日は極寒の五三川で動画の撮影に行っておりました。演者がセイゴで、自分はカメラマン。日の出から日の入りで、ロッドは一切握らず、カメラを回すだけ。今やこれも自分の大事な仕事です。

内容は、ジャスタースティックのオタマチューン。ロケ当日は極寒かつ超ハイプレッシャーの五三川でしたが、ナイスサイズをゲット。噂どおりの、オタマパワーを目の前で見せて頂けました。

自分がデザインしたルアーで、一生懸命に釣ろうと頑張っている姿を、ファインダー越しに見ていると、自然と胸が熱くなり、釣りをしているのと同様、熱くなれる。

本当は、カメラの前で、撮ってもらう前に、カメラで撮る経験をすれば、撮ってもらう側になった時、スムーズなロケになる可能性が高い。

今や気軽に誰でも動画撮影ができる時代になったので、ある意味ハードルが高くなったように思う。

この写真から早くも一年が経ってしまった。と言う事は、今からの一年も早いって事??

既に、自分もGETNETも、来年に向けて動き始めており、今からかなり楽しみところでもあります。琵琶湖も、バスも、やはり今まで通りにはいかない。これは避けて通れない感じ。また自分の海は変えなくてはいけない。

いずれにせよ、自分の中では、来年に向けてスタートは切っているので、バスもソルトも楽しみにしておいて下さいね。

昨年の今日、撮影した動画はコレです。まだご覧になっていない方、是非、参考にして下さいね。よろしくお願いします。