久しぶりに一緒にご飯へ

明日は大雨の為、湖上勤務は延期。となると、一気に気が楽チンになった。さらに今日は朝から延々パソコンとお話していたので、夜はガイド仲間の杉村君とご飯にいく事に。

焼き鳥を食べた後にファミレスへ。そこで、ああでもないこうでもないとトーク炸裂。

一回りも年齢が違う若い琵琶湖ガイド達と話するのもまた楽しいし、良い刺激になる。

歳いくとつくづく思うが、こうやって一緒にご飯に行くというのも、凄いご縁で、凄い確率な出来事なんです。

人が生きている間に出会える人間ってそれ程多くはなく、顔と名前が一致するのはさらに狭くなる。そして、さらに一緒にご飯を食べにいく機会となると、さらに狭くなるもの。

たかがご飯に行くですが、されどご飯に行くなんです。面白くない人と食べるご飯は仕事になるからね。

そして、最近特に思うが、好きな事ができる時間が少ない事を再確認し始めると、余計にどうでも良い時間は、できるだけ使いたくないと思う気持が強くなっている。

普段は湖上では会うものの、中々ゆっくりと話をする時間が無かったので、今日は楽しかった。杉村君も明日は休みみたい、なのでお互い少しリラックスできて良かった感じです。

只今、午前0時。風呂入って、もう少しだけ仕事します。

効率悪いけど、全てに関わる。

今日は、全く後に回せない切羽詰まった内勤業務で、朝から延々パソコンの前でお仕事。パソコン内のデーターが直ぐにパンパンになるので、さらに3TBの外付けハードを追加しました。

このお弁当箱の中にどれだけのデーターが入っているのか!!もし、クラッシュすれば!!、考えただけでも怖い。まあ~最近はクラウドも併用してますが、もっと効率よくまとめていかないと仕事が効率悪い。

昨日は、ここが仕事場でした。自分の場合この変わりようが楽しいし、それとなく気に入っている自分がいます。全てはバランス。

一からルアーをデザインして作りあげていくのも楽しい。

自分の世界観を動画を通して表現する為に、これもまたいちから作り上げていくのも楽しい。

しかし、最後はやはり人なんです。直接、人と接する仕事は大変ですが、やりがいもある。それを好きな釣りと通して接する事ができる琵琶湖ガイドも、やはり楽しい。

かなりハードで辛い時もありますが、この一枚で救われる。

だから自分は、今後も効率悪くても、睡眠時間が短くても、会社が大きく成らなくても、全てに関わっていく道を選ぶでしょうね。好きでやっている仕事ですから、仕方ないね。

この数週間、船長琵琶湖ガイドで、手堅く釣れているウィードエリアでのダウンショットですが、例年とはウィードの状態が少し異なっている今の琵琶湖ゆえに、釣り方も少し変えている。

そんな釣り方を、今一度復習できるように水中映像を交えて説明してみました。もちろん琵琶湖以外のフィールドでも役に立つと思うので、是非観て貰えればと思います。

只今、船長琵琶湖ガイド7月末までのご予約を承っております。。ガイド可能日の確認&ご予約はリブレ予約フォームからメール、または直接リブレの方に電話して貰えればと思います。皆様のご連絡、お待ちしております。

18日の琵琶湖、色んなルアーでGET。50UPはフリーリグで

18日の琵琶湖。朝はまだ降らずローライトな状態。しかし、北湖は既に荒れており、風が少し心配な中でのスタートとなりました。

昨日はライトリグからのスタートだったので、今日はとりあえず午前は巻きとジャークの2本立てで通す事にすると、まずはスピナーベイトの巻きでゲット。

しかし、その後続かないので、ジャークに変えると、あっさりヒット。その後も反応は有るも、ジャンプバレやさらなるサイズダウンとなります。

久しぶりに巻きからのスタートで、数時間通していると、流石に疲れます。そこで、休憩がてらにライトリグを投入すると、タイミング良くGET。

その後も、反応は有ったので、そろそろ、またジャスターフィッシュ4.5のボトストが良い感じになってきた感じです。

そして、ゲストさんにもライトリグを入れて貰うと、あっさりヒット。しかもサイズUP!!

ナイスサイズをGET。その後も反応は続き、良い休憩になりました。

ちなみに、連発したのは、ジャスターシャッド3.2のDS。カラーは上州屋さんオリカラとなる「小魚」でした。

その後、再び巻きを開始。すると、スピナーベイトでGET。さあ~これから!!と思いきや。

何故か空が明るくなり、晴れてきました。また時間によっては風も収まるなど、巻きへの反応が遠くなります。

ならば、お次はウィードの中を釣ろうという事で、フリーリグで狙って貰うと、ブチ曲がり。

ゲストさんがブリブリの50UPをGET。

ヒットルアーはジャスタークローラー5.7のフリーリグでした。

ジャスタークローラーとフリーリグ、クローラーのテールが活かせそう。このセット、今から面白くなりそうです。ちなみにフリーリグのシンカーのウエイトは7gでした。

自分は弱チューンで攻めて、寸止めフィッシュをGET。

ヒットルアーはジャスターシャッド4.2(スカッパノン)&カルティバ・オカッパリフック3/0にダブルクレン#16を装着したセット。

ネイルシンカーは1.8gを挿入です。

ラストはまたまたジャスターフィッシュ4.5のボトストにバイト多発。

ラストにナイスサイズの連発となりました。

カラーは桜ブルーで、ジグヘッドはカルティバ・スウィングヘッド1.4gでした。

今日もあっと言う間に終了。

夕暮れを映すゲストさん。楽しみが終わる切ない瞬間です。しかし、楽しみが終わったという気持ちと同時に、また次必ず来るという気持ちになるそうです。それぐらい、琵琶湖は、アングラーを熱くさせる事ができる湖ですね

比米さん、2日間お疲れ様でした。今日は色んなルアーで釣れましたね。次は是非、出張の合間にでも来て下さいね。

船長、弱チューンタックル

ロッド:シマノ・エクスプライド168MH
リール:シマノ・メタニウムDCHG
ライン:サンラインFCスナイパー14ポンド
フック:カルティバ・オカッパリフック3/0(ダブルクレン#16装着)
ルアー:ゲットネット・ジャスターシャッド4.2
シンカー:カンジーインターナショナル・ネイルシンカー1.8g

この数週間、船長琵琶湖ガイドで、手堅く釣れているウィードエリアでのダウンショットですが、例年とはウィードの状態が少し異なっている今の琵琶湖ゆえに、釣り方も少し変えている。

そんな釣り方を、今一度復習できるように水中映像を交えて説明してみました。もちろん琵琶湖以外のフィールドでも役に立つと思うので、是非観て貰えればと思います。

只今、船長琵琶湖ガイド7月末までのご予約を承っております。。ガイド可能日の確認&ご予約はリブレ予約フォームからメール、または直接リブレの方に電話して貰えればと思います。皆様のご連絡、お待ちしております。