15日の琵琶湖。濁り、水温低下、強風の一日。数は結構釣れます。

10月15日の琵琶湖ガイド。今日はもうこの時点からワクワクが止まらない関東からのゲストさん達。しかし、湖面をみる自分は、風が気になって仕方ない状態。

北湖は既にババ荒れ状態。果たして南湖は大丈夫なのか!!とりあえず出撃です。

まずは、8年振りにバス釣りを再開された田丸さんに何が何でも触って貰うべく、ピンスポットで様子を見てみると、あっさりヒット。

ジャスターフィッシュ3.5のDSでナイスキーパーをGET。

その後も、サイズを問わなければ、反応は有ります。ダブルヒットも多々有り、楽しいですやん!!

と言っても水温は21度台なんで、場所によっては3度近く下がっている様子。

そして、この濁りと風なので、基本パターンで考えれば、スピナーベイト&クランクが定番。やり切れば、ドスンと入りそう。

なので、ゲストさんにやって貰いますが、ゲストさん「船長、もうギブ!!腕と腰が」(笑)
船長「ですよね〜!!しんどいやろ!!無理したらあかんで〜!!」の船上会話。

今日は自分も含め50歳前後のおっさん艇なので、無理せず楽しみます。

この濁りと強風、そして水温低下でも、サイズを問わなければ、反応が有るので良かった!!と言いながらも、数釣りも手のひらサイズではなく、30〜35cmが混ざるので、結構楽しめる感じだったのでラッキーです。

結果、殆ど休憩もせず、丸一日楽しんで貰う事ができました。

そして、堅田駅までお送りさせて貰う事に。関東からなら、これぐらいの荷物で琵琶湖を楽しむ事ができます。ちなみに、今から書く文章の意味は、若い人達には心底は通じないだろうけど。

このように自分も含めて50歳前後の年齢になると、自分が好きな事を後何回できるだろうか!!と真剣に思うようになる。

徳永さん(青いジャケット)もそんな思いから、思い切って昨年、船長琵琶湖ガイドに来られました。そして、そこから琵琶湖への思いが爆発。色んな事を節約され、年に数回の琵琶湖遠征を楽しんでおられます。

今日の田丸さんのクランクでも言える事。昔はDD22を延々巻けたのに、今は辛い。それが現実です。申し訳ないが、今日の自分は巻物は5投しか投げていませんから。

ゲストさんがお一人の時は、魚を探すのに、自分の手も必要となるので、それまではできるだけ肩を温存しております。実際3日連続は辛いですからね。

本当は、釣りの動作ができるだけでも幸せな事。こうやってお友達と新幹線に乗って琵琶湖遠征。普段にない景色の中でキャストする時間。これって、実はできる時間は限られているんですよ。

日々、琵琶湖に出ている自分でさえ、思っている事です。本当に好きな事に巡り会えたら、躊躇して考えている時間こそ勿体無いと思うけどね。

最近は、こうやってゲストさんが必死になって琵琶湖に向き合っている光景が大好きで、思わず撮ってしまう。

徳永さん、田丸さん。荒れた中1日お疲れ様でした。次は来年やね。それまで仕事頑張って!!

只今、船長琵琶湖ガイド、11月下旬までのご予約を承っております。ガイド可能日の確認&ご予約はリブレ予約フォームからメール、または直接リブレの方に電話して貰えればと思います。皆様のご連絡、お待ちしております。

ゲストさん、ワクワク過ぎて寝れないかも(笑)

先程、ゲストさんの宿に明日のレンタルタックルを持っていき、そこで少しだけコーヒータイム。横浜からのゲストさんで、新幹線で琵琶湖入り。

もう、この日の為に仕事を頑張ってきたご様子。話をしていても、その様子は容易に感じれる程。大の大人がここまでワクワクできる事って早々ありませんからね〜!!本当に楽しそう。

それを思うと、本当にガイド業は良い仕事。責任はあるが、ゲストさんが楽しそうに話していると、こちらも楽しくなってきます。

そして、お陰様で、25年以上もガイド業を続けていると、釣果のみではなく、釣りそのものを楽しんで下さるゲストさんが多く、またそんなゲストさんばかりが、残って下さっているので、自分は本当に楽しく仕事をさせて貰っているから幸せです。

ちなみに、明日の予報では北湖は微妙。朝だけアタックしてみるか!!そこは出たとこ勝負になりそう。

只今、船長琵琶湖ガイド、11月下旬までのご予約を承っております。ガイド可能日の確認&ご予約はリブレ予約フォームからメール、または直接リブレの方に電話して貰えればと思います。皆様のご連絡、お待ちしております。