まさにベイトそのもの?そりゃ喰いますね??【GETNETTV】

いよいよ梅雨入りと言う事で、バス釣りにおいては、どうしても水面直下を含む表層系が気になってくるところ。

ベイトも、水面をピチャピチャしだし、それに伴いボイルも発生。一年を通して表層系が最も面白くなる季節と言えます。

そんな季節に有効なベイトパターンとして、ジャスターフィッシュのネイルリグ。水面直下をスイミングさせるだけ、またトウィッチで時に水面から飛び出させてもOK。水面直下を泳ぐその様は、まさにベイトそのもの。

今回はGETNET-TVでその水中映像の一部を公開です。是非、ご覧になって頂き、参考にして貰えればと思います。

昼便、タイラバとアコウ狙い。アコウ狙いは、まさに今からかな??【アコウ釣り】

この時期になると、半夜の問い合わせが多くなり、昼便が少なくなってきます。しかし、この時期から面白くなるのが、昼のアコウ釣り。昨年、同時期に来られたゲストさんが、アコウ希望でスタート。

今年は、まだ水温が低いので、アコウもまだ本番手前気味。どこでも簡単に釣れる訳ではなく、潮加減で、その日のスポットを探っていく必要があります。そしてゲストさんに良い手応えが??

アコウをゲット、やはりガシラとは違うファイト。

餌釣りとルアーの併用攻略のゲストさんも、アコウをゲット。

ある程度、スポットが絞れてくると、テキサスや直リグで連発モード。

ちなみに、ジャスターシャッド4.2から3.2へサイズダウンさせると、バイト倍増。サイズこそ選べませんが、ガシラからアコウまで、ばんばん当たってきます。

タイミングを見て、タイラバで真鯛を狙うも、お決まりのアオハタは釣れます。

さらにレンコ鯛も、本命はなかなか難しい。

タイラバと併用して餌釣りも。餌はなぜか小鮎??

勿論、魚からの反応は常に。ちなみに、餌釣りは、ルアーと違った楽しさと難しさがあり、船長としても興味津々。と言うか餌釣りとなると、船のポジションが本当に難しくなります。今後はこちらも、勉強していきたいです。

昨年みたいにポンポンと釣れる状況では無かったですが、最後までワイワイと楽しんで頂きありがとうございました。またのご利用お待ちしております。

と言うことで、昼便は終了。続いて、半夜便に出る事に。続く。

少人数での乗合とイカメタルの半夜便をスタートさせました。また来月の週末はバスタックルで狙える午前アコウ便をスタートさせます。お時間あう方、是非遊びに来て下さいね。皆様のエントリーお待ちしております。

琵琶湖も日本海も季節が進み、色んな釣り方がで楽しめるようになってきました。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。

日本海イカメタル夫婦調査便、後半ラッシュ突入【日本海イカメタル】

今年から、イカメタル半夜便をスタートさせるので、時間があれば、夜の日本海沖に出て、色んなエリアを見ておきたい。と言う事で、お一人調査便の次は夫婦調査便で小浜沖にアタックする事に。

勿論、調査便なので、毎回異なるエリアをチェック。すると、最初の1時間以上、何も反応が無い。もしかしたら、移動かな??と思っていると、ようやく反応が。嫁さんは今年初のイカメタルで、ナイスなマイカをゲット。

昼間のウネリがまだ残っており、酔い気味な嫁さんでしたが、休みながら釣りをする感じ。棚があうと、良い感じに反応が出るように。

釣れれば、ナイスサイズ。

前半がイマイチな分、後半は高反応。ダブルヒットも数回あり。

ラッシュになると忙しい。ちなみに、可愛いサイズも混ざり始めました。

勿論、大剣も入ります。数はまだ難しいですが、サイズが混ざるのが今の時期の面白いところ。

もう少し早く棚を合わせにいければ、数も釣れていたのに。前半にアジャストできなかった点が悔やまれます。

と言う感じで、自分が13本、嫁さんは酔って休憩しながら7本の合計20本で楽しむことができました。

少人数での乗合とイカメタルの半夜便をスタートさせました。来週後半は天気も回復しますので、平日の半夜便乗合、お時間あう方、是非遊びに来て下さいね。皆様のエントリーお待ちしております。

琵琶湖も日本海も季節が進み、色んな釣り方がで楽しめるようになってきました。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。