ボトスト」タグアーカイブ

レンジとスピード調整、1.4gと1.8gはマストですよ。

このカラーはいつ見てもそそられる。さらにシーズン問わず、フィールド問わず反応が安定しているので、大人気なカラーとなっているネオンアユ。

しかし、このカラーはイベント限定カラーなので、自分の在庫も残り数パックとなってきたので、今は大事に使っているところ。

こうやって写真をみると、ラメが派手に見れるが、これが水中に入ると、意外に水に馴染む感じになるので、ビックリ。なので、色んな状況で使えている。

さて、これからいよいよ、ジャスターフィッシュ4.5のミドスト&ボトストが手堅く釣れる時期に入るが、セットするジグヘッド、スウィングヘッド1.4gと1.8gは邪魔くさがらず、使い分けする事をお勧めします。

特にこれからスイミングで使用する事が多くなると思いますが、春と言っても早春は、まだまだ魚自身の活性は高くありません。なので、レンジが違うと、またスピードが合わないと、反応が全く出ない時もあるので、その辺りはシビヤに調整してした方が良いです。

水深4mまでならば、大体1.4gと1.8gで対応できると思うので、こまめにやって下さいね。

ネオンアユ、水中ではどのように見えるのか、是非この動画をチェックして下さいね。

大変遅くなりましたが、只今船長琵琶湖ガイド、3月末までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

今年もゲストの皆さんと琵琶湖を楽しんでいきたい。さらに言えば、釣り自体をもっともっと楽しみたいという根っこの部分を含めた、船長らしいサービスも展開できればと考えているのでお楽しみに。

できるだけ4月も早くUPできるようにスケジュール調整しますね。よろしくお願いします

エクスプライド267L+発売開始。その前にこの動画をチェック!!

昨年から、かなり暖めてきたロッド、エクスプライド267Lプラスがいよいよ店頭に並び始めました。自分はエクスプライドの立ち上げから関わり、ボトスト&ミドストロッドに関しては、初代264ULプラスから始まりました。

それが265ULプラスで大きく進化。この進化はエキサイトトップ搭載により激的に変わりました。

そして、近年稀にみるボトスト&ミドストの流行、さらに北湖でのデカバスハントもあって、さらなるパワーアップが求められました。

そして、まさにドンピシャのタイミングで、今回の267Lプラスの発売に至りましたが、実は、このモデルはNEWエクスプライド立ち上げの時に案は上げておりましたが、結果、今になりました。既存のモデルやゾディアスと絡みもあり、レングスを決めるのも色々あったのを思い出します。

ベースはあくまでも265ULプラスの1ランクパワーUPバージョン。シェイキングを多用する釣りにはかなり役に立つはずです。

今回は、そんなエクスプライド267Lプラスの発売にあわせて、265ULプラスとの違いが解るような動画を撮ってみました。

もし悩んでおられる方がおられましたら、参考にして貰えれば幸いです。よろしくお願いします

先週の3キロクラス連発動画を公開。これ観てショーで現物を見にきて頂戴 !!

先週となる1月31日、午後からの数時間でタイミングよく3キロクラスを連発で捕獲する事ができましたが、その時の模様を動画で公開させて頂きます。

この時は一足先にシマノから送られてきたエクスプライドの2020年NEWモデル267Lプラスの市販モデルと、ジャスタースティックのセットで釣る事ができ、ともにNEWモデルという事で、幸先の良いスタートとなりました。

従来からボトストで多用していたジャスターフィッシュ4.5&スウィングヘッド1,4g~1.8gでは265ULプラスで十分だったが、それよりウエイトが重くなると、やはり少しパワー不足が否めなった。そこで、シマノに依頼して作って貰ったのが、267Lプラス。

まさに265ULプラスのパワーUPバージョンとなります。これで、よりディープ、さらにハイウェイトでのミドスト&ボトストが可能となります。

そして、同じ2020年、GETNETからもNEWモデルとなるジャスタースティックが発売となります。

こちらは、今までGETNETには無かった、ノーシンカー対応の高比重ワームとなりますが、ただのノーシンカーではなく、オールレンジを高次元で攻略できるソフトベイトに仕上げました。

そして、今回の動画を観て頂ければ、ノーシンカーの範囲を軽く超え、さらにその使いどころが、広がるソフトベイトになる事を理解して頂けると思います。

明後日からはいよいよフィッシングショー大阪が開幕しますが、自分は、金曜から日曜日までの3日間、GETNETコーナーの水槽横でスタンバイ。また土日に関しては、同じ琵琶湖ガイドのウエンツガイドもスタンバイしてくれます。

是非この機会にイロイロ聞いて、またジャスタースティックの現物も触って下さい。おそらく写真で見るより、かなりライブリーですので。

勿論、水槽での実演もやりますので、イメージを確信に変えて下さいね。

そして、当日、GETNETアイテムを写真にとって、SNSに投稿して貰い、それが確認取れれば、先着順になりますが、その場で、限定ステッカーをプレゼントさせて頂きますので、是非この機会にGETして下さいね。

場所は6号間Aゾーン。シマノと同じゾーンです。今回は、お互いマスク着用での対応とさせて頂きますが、楽しんでいきましょうね。皆様のご来場、スタッフ一同心からお待ちしております。