琵琶湖バスフィッシング」カテゴリーアーカイブ

29日【琵琶湖ガイド】琵琶湖南湖で数が入れ食い、このローテーションで反応続く続く

11月29日(日曜日)【琵琶湖バス釣り】本日は、昨日からの荒れも収まり穏やか湖上に。しかしながら、朝は冷え込み、もうそこまで、冬が近づいているのを感じる事に。

本日のゲストさんのオーダーは、普段レンタルボートで南湖にいかれているので、今後に向けてのレッスンがご希望で出撃です。

まずは、朝は冷え込んだので、水温が上がるタイミングまでは、チャンネル絡みや、少し深いエリア&ウィードを探して、様子を伺う作戦。すると、あっさりバイト多発で、すぐにロッドが曲がる事に。

ゲストさん、キーパーサイズをゲット。

さらに、可愛いサイズはバンバン食ってきます。ジャスターフィッシュ3.5のDS、まさに入れ食い。今の水温なら、少し冷え込んだぐらいが良いように思います。

開始1時間程度で、軽く二桁突破したところで、少しバイトが遠くなります。そこで、お次は、そろそろこの季節でしょ?という事で、ジャスターフィッシュのボトスト。サイズは、とりあえず3.5をセットしてやってみると、これまたバイト多発。

ゲストさんも、ボトストも練習してみたいという事で、DSからチェンジすると、すぐさまヒット。

可愛いサイズはボコボコ釣れて、キーパーサイズも混ざってきます。

何か新しいテクニックを覚える時は、とりあえず釣れる事が一番の近道。

DSからボトストへ。そこからさらにバイトが遠くなると、ジャスターシャッド3.2(弱チューン)でのボトストへ。これで、またまたバイト多発へ。このローテーション、南湖では効きますね。

反応の差を、自ら釣って体験するゲストさん。これだけで、またまた同じウィードから反応が出るから、あ〜ら不思議!!

そして、午前は琵琶湖南湖での入れ食いを満喫して、午後からは今後の季節攻略も兼ねて、色んなエリアを説明して回ります。

そんな中で、ディープクランクもやってみたいとの事で、グラスクランキングをやって貰います。しかし、最近、サイズが難しいので、深追いせず。

ここぞと言うポイントでボトストをすれば、釣れます。

昨日の強風で、少しターンオーバー気味なのか、水が悪いので、少し波動が強いジャスターシャッドのボトストに反応が続きました。

そして、さらなるサイズアップは苦戦して本日の湖上勤務は終了となりました。おそらく、水温がもう少し下がって落ち着けば、エリアも釣り方も絞りやすくなるはず。

それまでは、数釣りを満喫するのも楽しいかな!!ちなみに今日は午前だけで、船中30本ぐらいでした。

ゲストのHさん、今日はお疲れ様でした。今日、回ったエリアとポイントはまさに今からはまるエリアですので、12月レンタルで来られた時は、よ〜く思い出して釣って下さいね。今後ともよろしくお願いします。

ちなみに、本日ボトストで使用したジグヘッドはカルティバからリリース予定のプロトタイプで、今年の春からかなり使い込んでいたプロトです。

ジャスターフィッシュやジャスタースティックとの相性は凄まじいぐらい抜群なので、お楽しみに。これ以上言うとオーナーばりから怒られるので、やめときます。

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドでは12月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

11月28日「ルアー合衆国」で放送された内容を動画で公開させて頂きました。今回のフィールドは完全に秋めいた五三川で、日々の釣果もムラが激しく厳しい状況。

さらにアングラーは常に多く、ハイプレッシャーとなっており、その厳しさに拍車がかかっている。そんな中、ロケに挑んだセイゴとケイタは、どんな状況でもまずは手堅く釣れる「これ」を実践する事に。果たして、二人の釣果は如何に、是非、放送をご覧下さい。

薬師寺流のロケを通して、改めて思います!!楽しいと思える気持ちは大事に

11月24日【琵琶湖バス釣り】前日まで荒れ気味だった天気も、この日は冷え込みもなく、穏やかな絶好の釣り日和になりました。この日はテレビ愛知の「薬師寺流」のテレビロケで、元バンタム級世界チャンピオンの薬師寺さんと、アシスタントの長谷川しほりちゃんがバス釣りに挑戦する企画をお手伝いする事に。

今回の番組は釣り番組では無いところが、自分にとってもかなり面白くて超新鮮。薬師寺さんのトークがヤバいくらい面白い、と言うか「これ放送できないでしょ?」と言う内容が山盛りで、どれくらいオンエアーで使うのか、楽しみなところでも有ります。

ちなみに、当日薬師寺さんが持参したタックル。中学生の頃、これで入鹿池に通ったようです。キャスタウェイー&アンバサダー3500C。このリールは自分たちの世代ではみんな憧れ、お年玉をためて購入した物です。

自分も、アブは結構買いました。4600cハンクパーカーモデルから3500 1500  一番長く使用したのは5001だったかな。ちなみに、5001は左ハンドルで、自分は中学のときから、左ハンドルを使用しておりました。

薬師寺さんは、中学を卒業してから、バス釣りをされていないらしく、今回のロケの為に、新たにタックルとなる、シマノ・エクスプライド&バンキッシュをフィッシング遊名古屋北店で購入されたようです。

なので、何としてもNEWタックルでも釣りたいとの事でした。

ちなみに、今回の番組は予備日はなく、この日1日のみで、時間は9時から1時までの4時間設定、かなり短時間。今の時期においてはかなりリスキーな展開となります。

しかし、そこは35年以上のブランクを感じさせない感じの連発モード。

手堅く、手堅く、ジャスターフィッシュ3.5のDSでゲット。

さらに人生2度目の釣りとなるアシスタントの長谷川しほりちゃんも無事ゲット。上下をダイワで揃えて、ルアーはシマノのパブロシャッドでゲット。この辺が面白い。

まあ〜そんな感じで、穏やかな湖上でかなり楽しむ事ができました。

薬師寺さんも初のバスボートらしく、そのスピードにかなりびっくり。海の船をイメージされていたらしいく、しほりちゃんも、みんな、格好良いを連発。やはりバスボートは素敵ですね。

冒頭でも書きましたが、今回のロケは、釣り番組ではなく、番組スポンサーも、釣りは一切関係無いところが、自分的にはかなり新鮮。

さらに、昔、自分がテレビの前にかじりついて、正座して観た、辰吉との「運命の戦い」を制した本人と、こうやって一緒に時間が共有できる事は本当に光栄な事です。

年齢的には、薬師寺さんは自分より2つ上で、同じ世代を生きております。なので、話の裏にある時代背景も理解できるので、話が余計に楽しむ事ができたように思います。

薬師寺さんが現在、所有されている車は7台、その中でもカウンタックディアブロ、ブラックの写真などを見せて貰いましたが、かなりの車好きが伺える感じでした。

そして、アウトドアー用にはこのジープを愛用しているとの事。車を移動手段の乗り物とだけ考えれば、このような車の話には発展しない。自分のシェビーも必要か必要でないかを問われれば、必要無いでしょうね。

しかし、物には色んな使い方が有り、見方が有ります。だからこそ広がります。無駄か無駄で無いかは、自分の中にあるもんです。

本来、自分は食べない魚を釣って遊ぶ事を生業としている以上、遊びの要素を大事にしてきたいと強く思っております。車もバスボートも、元々は自分が楽しみたくて購入したもの。

シェビーも25歳の時に初めてアメリカに行った時に、テキサスのガイドが乗っているのを見て憧れたもの。

いつか自分も乗りたいと思い続け、ゲットネットが軌道に乗り、経済的にも家庭に迷惑を掛ける事がない状態になり、40歳を過ぎてようやく購入したもの。その間、15年以上の歳月が経ちました。

そして、今年からスタートさせた海のボート釣りも同じ、こちらも、まずは自分が楽しみたいと言う気持がベースです。こちらも、経済的な事、家庭的な事を全て考慮した上で、自分がやってみたい気持ちを大事にしました。

ここはあくまでも、言っておきますが、仕事や家庭を犠牲にしてまで、自分の気持ちを優先はしません。もし自分がやっている事に対して、家族からのリスペクトが無くなれば、それは自分の中では、終わりに近いので。

こちらも25年前、流行り始めた日本海のジギングに毎週、通っていた頃、魚を探す船長の姿を見て、

「この広い海からどうやって魚を探すんやろう!!」「魚を必死に探す船長の背中を格好ええなあ〜!!」「いつか自分も、この広い海で魚を探してみたい。これで当てれたら最高やろうな!!」

25歳の時、日本海の上でそんな思いを抱いた事を、今でも忘れていない。「いつか、いつか自分もやったる」

そしてあれから25年の歳月が流れ、これもシェビーと同じ。もう、そろそろええやろ!!あの時の思いを叶える。50歳になったらやる事を数年前に決意し、今年行動に移しました。

25歳の時、日本海で魚を探す船長の背中を見て、格好良いなあ〜と思えた、あの時の思い。「いつか、いつか自分もやったる」から25年の時間が流れましたが、その気持ちを大事にして、少しでもあの背中に近づけるように頑張りたいですね。

自分は裕福な家庭に生まれ育った訳ではなく、はっきり言えばド貧乏の家庭で、親子ともに日々の生活をするのが必死な家庭に育ちました。大学もフルで奨学金で行ったので、33歳まで大学の借金を返す日々。また自分の性格的にも、生き方で言えば、かなり不器用で遠回りしております。

しかし、こうやって好きな事を仕事にして、楽しいと思える気持ちを大事にできているのは、一言「やり続ける事」これだけです。世の中がどうだろうか!!また周りの人間がどうだろうか!!ブレずにやり続ける事、それのみ。

自分がやりたい、また欲しいと言う気持ちを実現するのに、かなり時間は掛かっておりますが、その時間という概念は、他と比較して起りゆるもの。

自分の人生はあくまでも自分、その中で、実現していくプロセスは長くてもOKなんです。そこに向かっていくのが楽しい訳ですから。だから続ける事。ただし、思いをかなえるには、思い続ける相当な熱量が必要ですけどね。

今回、こうやって薬師寺さんとご一緒できたのも、釣りと言う遊びがあったから。本当に釣りと言う遊びに感謝です。薬師寺さんの昔話を聞けたり、かなり刺激的だった時間でした。今回のロケを通じて、今後も自分が楽しいと思える気持ちを大事にして、仕事もきっちり取り組んでいきたいと強く思える貴重なロケとなりました。

この模様は、おそらく12月にオンエアーになると思いますが、日時が決まり次第、またこの場で周知させて頂きますね。お楽しみに。マジ釣りは楽しいよ。

21日【琵琶湖ガイド】シャッドでポンポン、クランクは疲れました

11月21日【琵琶湖バス釣り】予報では風が強くなるので、南湖メインで出撃です。

ゲストさんにとって、普段はなかなか巻くチャンスがないディープクランクからスタート。できるだけ濁りが入っているエリアを探して巻いて貰います。

最近、釣れても何故かサイズがイマイチ。この日もやはりサイズが出ません。

もうこのサイズが釣れると、キープキャストできないかも!!

それならば反応を得る為に、シャッドをやってもらうと、あっさりキーパーサイズがヒット。

その後も、ポンポンと連発するも、残念ながらサイズアップできず終了となりました。

三宅さん1日お疲れ様でした。次は来年ですね。今後ともよろしくお願いしますね。

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドでは12月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。