琵琶湖バスフィッシング」カテゴリーアーカイブ

反応が続く琵琶湖オカッパリ!!手堅く釣るにはこれ。

いよいよ正月休みも今日で終わり。明日から超現実の世界になる方が多いはず。と言っても、来週はまた連休なので、初釣りに行っておられない方は、天気次第で是非出かけて欲しいと思います。

さて、自分の周りではこの年末年始、琵琶湖のオカッパリで数釣りを楽しまれた方が多く、この先も、まだまだ楽しめる琵琶湖のオカッパリとなっております。

サイズは可愛いサイズがメインですが、この時期に二桁以上釣れれば、楽しいに決まっております。さらに熱くなるのは、その反応にも差が出るところが非常に面白いところ。

今、超手堅く釣れているのは、ジャスターフィッシュ2.5のダウンショット。 ボトムをズルズルして、少しでも何か違和感を感じれば、そこで一旦アクションを止めて、ステイ。

とりあえず数秒止めて何も無ければ、ラインを張らず、ラインスラックを少し揺らす程度のシェイクで誘う。

それで何も無ければ、またズルズルするか、超軽く揺らしながら、次の違和感を探していく流れとなります。

特にこのジャスターフィッシュの場合、ステイ中でもテールが下がらず、ステイ中でも、テールが僅かに揺れている状態となります。

なので、ラインを張り気味で揺らすと、動かし過ぎになるので、特に今の低水温期はお勧めしません。少したるんでいるラインを張る程度でOKですよ。

さらに釣果を伸ばすには、ライン、ロッド、シンカー等の使い分けなど、色んな要素がありますが、そこはまた別に機会に書きたいと思います。

年末からあまりに反応が有り楽しいので、1月3〜4日と連続で、琵琶湖のオカッパリに出掛けた清水さん。昨年から、バス釣りを復活されたようで、今はこの反応が面白くて少し中毒になっている感じ。

特にこの時期は、数釣りから学ぶ事も沢山有り、これが春に繋がりますから。

そんな清水さんも、カラーで反応はこれだけ変わるのか!!を実感されたようです。この日はこの3色、上(野エビブルー)中(青ジャコ)下(スカッパノン)のローテで反応が続き、やはり二桁越えとなったようです。

自分的にも、野エビブルーと青ジャコはマストカラーだと思います。

さらに、高橋会長は年末にブリブリの50UPをGET。この魚も勿論、琵琶湖のオカッパリでの釣果。

ヒットルアーはスモラバにジャスターホッグ2.3のセット。障害物&シェードをよりタイトに攻めて釣ったようです。

今年は極端に大きな寒波がなく、徐々に水温が下がり、今もなお、積雪は無いので、反応が得やすい状態の琵琶湖のオカッパリとなっております。

当分、大きな寒波は無さそうなので、来週末も楽しめそうですよ。

ジャスターフィッシュ2.5のDS、水中でどのように動いているのか!!この動画でチェックして、イメージを確信に変えて下さいね。

ギリギリの状態でトライしてみるも!!

さあ〜今日は初釣り。今年もいよいよ始まるな〜!!という感じも少しはありましたが、現実は2週間後に開催されるFショーに必要な動画の撮影。もうギリギリの状態。

なので、ガチ縛りのみの釣りでトライ。とりあえず北湖へ走る事に。

しかし、流石にまだ正月休みで、ここぞというスポットはボートだらけ。さらに凄いのは、東岸ロックのオカッパリアングラーの多さ。今までとはレベルが違う。となると、流して釣るのはほぼ無理でした。

この水深ならメタルが楽やろうな。ジグもえ〜かも!!アラバマでサーチもありやね。一番得意なジャスターフィッシュのミドストが一番やろうな!!

など思いながらも、仕事はFショーで必要とされる釣りで釣る事のみ。後は一切無用が現実。

なんとか一発かけるも、フッキングが甘く水面でさよなら。この感じで反応でたなら、楽勝やろ!!と思いきやその後、反応が一切出ません。

色々走り回るもタイムアップとなりました。昨年から北湖のプレッシャー、ヤバイ感じ。今後はそれも想定して、回らないとダメですね。

しかし、今日の結果は意地になるな〜!!こうなれば、トコトン縛ってやってみようかな!!

今日はバスとギルで15本以上!!

今日の湖上勤務、午前は本当に暖かく、釣りの動作をしているだけで楽しい天気でした。今日はとりあえず魚の顔を拝みたいので、冬の定番、メタバイをする事に。

すると、バスよりもギルが好活性で、バイト多発。シーズン中、あまり見かけなかった分、今日は意外にギル釣りが楽しく思える程。

後半はバスも混ざりますが、ナイスサイズは混ざらず。しかし、魚はメタバイをしていたら、とりあえず確実に釣れる感じでした。

バスとギルを合わせれば、15匹以上。この手の釣りは年内はいけそうな感じでした。

今日は、久しぶりに朝から夕方までがっつりやったので、楽しかった。さあ〜次はいつ湖上にでれるかな!!