琵琶湖バスフィッシング」カテゴリーアーカイブ

琵琶湖南湖で反応続く、ミドストでサイズUP【琵琶湖バス釣り】

琵琶湖勤務2日目、初日は琵琶湖北湖をメインとしたので、2日目は南湖オンリーで挑む事に。まずはピンスポットでのサイズ狙いからスタート。思い当たる数箇所の様子を探っていくと、一箇所のライブ映像がかなり素敵な状態。

昨年程ではないものの、ベイトの周りにバスがいて、時折、水中ボイルしている様子。しかし、この映像が見えるが故の問題もある訳で、できるだけプレッシャーを掛けないように、アプローチするも、やはり喰わない。

おそらく、このままやれば、時間だけが過ぎていく感じなので、深追いする事をやめる。

お次は、180度狙い方を変えて、ここぞと言うスポットで、昨日良かった(餌)ジャスターシャッド2.2のDSを投入。すると、そこからまたまた反応が出だし、ナイスサイズも混ざる展開に。

もっと可愛いサイズが釣れるかと思いきや、意外にサイズが良いのが反応する琵琶湖南湖、ゲストさんも順調にロッドを曲げます。

ナイスサイズをゲット。ジャスターシャッド2.2に反応が遠くなれば、ジャスターフィッシュ3.5を投入すると、またまた反応が出る状況。

確かに、魚がいるエリアとそうでないエリアの差は歴然。この日は、エリアを見つける事ができれば、反応は常にあり、かなり楽しい状況。

前日の琵琶湖北湖で数釣りを楽しむ事ができましたが、南湖でもかなり楽しい。さらにサイズが良いのがさらに楽しい。

午後の後半では、エリアによって魚が浮いていたので、ボトムのDSからミドストに変えてアプローチして貰う事に。

すると、ゲストさんのロッドがブチ曲がり。

ゲストさん、ナイスサイズをゲット。

ジャスターフィッシュ3.5&レンジローラ1.3gでミドスト。秋には手放せないセットです。

と言う感じで、数釣りを楽しみながらも、サイズも混ざる楽しい琵琶湖南湖となりました。
台風後はさらに秋が深まる琵琶湖になりそうです。

ゲスト様、2日間お疲れ様でした。あのミドストはドキドキしましたね。今後も琵琶湖をマイペースで楽しんでいきましょうね。

今回の琵琶湖勤務で、バイト多発となったのは、ジャスターフィッシュ3.5、ジャスターシャッド2.2&3.2、これらのローテーションで、始終反応がある楽しい琵琶湖南湖となりました。

ちなみに、ジャスターフィッシュとジャスターシャッドの使い分けですが、濁りがある時は、水押しが強いシャッドと言えば、イメージが湧きやすいと思いますが、そんな単純ではありません。

そもそも、フィッシュとシャッドはテール形状が異なり、繰り出される波動が別物。なので、魚の反応を見ながら、その時々でローテーションしていく事をお勧めします。

波動の違いによるローテーション、またサイズ感によるローテーション、是非試してみて下さい。

1ヶ月半ぶりの琵琶湖勤務、先入観なしで楽しむ琵琶湖【琵琶湖バス釣り】

夏の間は、イカメタルに集中したく、琵琶湖ガイドの募集はしてませんでしたが、イカも終盤に入ったので、そろそろ琵琶湖ガイドも。と言う事で、気が付けば、1ヶ月半ぶりの琵琶湖勤務となりゲストさんと出撃。

この時期なら、まずは北湖へ。バウを北に向けてプレーニングさせると、本当に気持ち良い。これも琵琶湖でのバスボートの魅力の一つですね。

今までと異なり、日々湖上に出ている環境では無いので、琵琶湖に対して、ある意味変な先入観が少ない自分。なので、この日も、濁りとベイトをリンクさせて、ビッククランクとスピナーベイトでテンポよく探っていきます。

しかし、そこはやはり甘く無かった。結構頑張って攻めるも、反応は無。

それならば、お次は手堅く反応を得るべく、ライトリグを投入。するとバイト多発で、順調にロッドが曲がります。

ジャスターシャッド2.2のDS。このサイズ感の喰わせ力は半端ではなく、とりあえず釣れます。

例年、数釣りができるポイントではないところでも、バンバン当たってくる感じで、数釣りはかなりイージーな感じ。

適度にキーパーサイズも混ざるので、楽しい数釣り。

秋は、何方かと言えばプルプル波動が効く季節、そしてこのサイズ感なので、食い渋った時は、まさに餌レベルになってしまう、ジャスターシャッド2.2でした。

そして、ラストは再び、巻いてみるも、そこはやはり無で終了となりました。

これで、琵琶湖勤務初日は終了。翌日に続く。

海も琵琶湖もいよいよ秋本番で楽しい季節になります。SEAGETでは少人数での乗合&チャーターによる、昼便タイラバ&ライトジギング、また半夜ではナイトティップランでも出船する予定です。詳しくは杉戸船長WEBサイトよりお問い合わせ下さい。

琵琶湖ガイドにおきましては、SEAGETとの調整が必要となりますので、日程等はできましたら、WEBからメールまたは電話等でお問い合わせ下さい。調整つけば、ガンガン出ていきます。

琵琶湖も日本海も季節が進み、色んな釣り方がで楽しめるようになってきました。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。

昨日は午後から50クラスが連発、早速動画で説明しました。

おそらく、今までの人生の中で、これだけ日々多種多様な釣りをしている日々があっただろうか?また今はプロアングラーとして、また船長としても、経験値のアップデートは凄まじく、日々自分が変わっていくのが、感じれる今日この頃。

そんな目まぐるしい日々の中で、気が付けば10日振りとなった琵琶湖勤務、昨日は気心がしれたゲストさんと湖上へ出る事に。

午前は予定していたパターンに反応がかなり薄い。一気にベイトの有無が変わった感じ。

そして、パターンを180度変えて、挑むと、これが正解で、一気に反応が出る事に。釣れれば50クラスでクオリティが高い魚ばかり。

勿論、エリアのセレクトから、アプローチまで簡単ではない今の琵琶湖。昨年と同じく、魚が多いエリアを少ないエリアがはっきりしている感じ。

今までと異なり、今の自分の環境では、日々湖上に出る事ができないので、魚の探し方を変える必要がある。今年からは、常にそれを意識して、湖上に出ている。

となると、サーチしながらの釣りが、効率的にあっており、今まで得意としている、比較的、スピードがあるライトリグがやはり自分にあっている。

今回もメインは、ジャスターフィッシュ3.5のネイルリグ。季節的にも、ウィードが多いので、オフセットフック(直リグスピンフック#1)にセット、さらにネイルシンカー1.3g前後を挿入して、魚に対応してオールレンジを攻略するパターン。

昨日、GETしたヒットルアーは全てコレでした。水面直下でも反応しましたが、しかしどうしても、ミスバイトが多くなり、キャッチ率は高くありません。

軽くトウィッチして、ウィードの上に置いておくと、グ〜ンと持っていく感じで、これが一番反応良かったです。

早速ですが、昨日の模様を、ハイライト動画にしてみたので、是非、ご覧になって頂き参考にして貰えればと思います。使用タックルデーター等も、動画の中で紹介してあります。

今から琵琶湖に行かれる方、ジャスターフィッシュ3.5はマストアイテムとなるので、スタンバイよろしくお願いします。

少人数での乗合とイカメタルの半夜便をスタートさせました。また今月の週末からバスタックルで狙える午前アコウ便をスタートさせました。お時間あう方、是非遊びに来て下さいね。皆様のエントリーお待ちしております。

琵琶湖も日本海も季節が進み、色んな釣り方がで楽しめるようになってきました。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。