琵琶湖バスフィッシング」カテゴリーアーカイブ

あれ、昨日より反応悪い悪い!!な1日

昨日と違い、同じスポットでも反応が無く、かなり苦戦しました。結果、昼前後にGETしたナイスサイズから追加する事ができず、そのまま終了です。

春と言っても、今日は水温も下がり、再び一桁代にエリアも多く、まさに寒の戻りに当たってしまいました。

比良山頂はご覧のように、まだまだ雪があります。なので、北風が吹くと、寒い寒い。まさに真冬と同じ完全防寒となった1日でした。

ゲストさん、お疲れ様でした。次は来月、また頑張りましょ!!

只今、一週間前に行った津風呂湖の模様を動画で公開中です。まだの方、是非ご覧下さい。

入賞パターンを検証!!そんな動画をUPしました。観てね。

この写真は2日前に湖上に出てデカイのをGETしたものです。実は午後からの数時間、週末に開催されたトーナメントの入賞パターンを検証しておりました。

そのトーナメントの模様は、すでに動画で公開しておりますが、確かによ〜釣れております。

自分自身、水温が14度以上になれば、このパターンも喰わせ技で使用しますが、まだ10度前後では、あまり使用しておりませんでした。

そこで、トーナメントの3日後に検証してみました。その時の模様を動画で公開させて頂きます。

これからまだまだ再現性が高く、レンタルボートで行った時、またオカッパリスタイルにもあてはめて貰えると、思いますので、是非観て貰えればと思います。

検証したら、あっさり3キロオーバーをGET

まずは、昨日の午後の釣果からは3バイト&ファイト、2フィッシュでした。一番大きいのが55の3キロオーバー。

この魚はかなり楽しむ事ができました。

この魚は、週末のBAITでウエンツが釣りまくった釣り方、ジャスターフィッシュ3.5のDSを検証しようと思って、やってみたらあっさり釣れた魚。

ジグヘッドに比べると、リズム的に遅くなるので、やはりある程度絞ってからやった方が良い釣り。この魚もやはり、ピンについておりました。

今年はウィードがない分、この手の釣りが効くでしょうね。ちなみに、この前に何キャストも巻物を通しておりましたが、何もありませんでした。

春はジグヘッドが多く、ダウンショットは殆どやらないのですが、釣れますね。カラーは2019年イベント限定カラーとなるネオンアユ。

シンカーはカンジーのドロップショットシンカー2.6g。フックはカルティバ・バマスフック#4。そして糸ヨレ防止にダブルクレン#18

ラインはサンラインFCスナイパー5ポンドでした。

ロッドは、もう船長のシェイキングロッドとしてはお決まりのエクスプライド265ULプラス、リールはNEWバンキッシュC2500SHGでした。

今年の春のフィネスはジャスターフィッシュ3.5のDSもラインナップにいれてみようと思います。

さあ~今年も頑張りますよ船長琵琶湖ガイド。船長琵琶湖ガイド4月末までのご予約を承っております。ガイド可能日の確認&ご予約はリブレ予約フォームからメール、または直接リブレの方に電話して貰えればと思います。皆様のご連絡、お待ちしております。

只今、先週末に開催されたBAITでの入賞動画を公開中です。まだまだ、これから再現性が高いので、是非、参考にして下さいね。