タックル」カテゴリーアーカイブ

動画で紹介します。凄いぞ!! この低弾性カーボンロッド

今年はウィードが多く残っており、巻く時は自然とスピナーベイトが多くなっている今日この頃。ただ、透明度が高いと難しいので、濁りが入った時や、常に濁り気味なエリアでは、とりあえずキャストするようにしている。

そして、そんなスピナーベイトに使用しているロッドですが、自分の中で、かなり気に入っているモデルがあり、歴代のエクスプライドではおそらくトップクラス。

今回は、そのロッドを動画で紹介してみたので、是非、参考にして貰えればと思います。

ウィードとギルバイト、となるとネイルリグ。まずはタックルを紹介!!

今日も朝から夏のような陽射し、着実に夏が近づいて来ましたね〜!!今日は湖上勤務ではありませんが、いつも通り午前4時半起床で、内勤業務に勤しんでおります。早朝は本当に涼しく、静かで仕事が捗ります。

さて、今年の琵琶湖はウィードが順調で、さらにギルが復活して、狙えば結構釣れるようになってきました。となると、毎年の事ですが、特に今年はジャスターシャッド4.2(弱チューン)のネイルリグが効きます。

日々のガイドでも常に釣れており、ウィードが少なく、魚が浮き気味の時はボトスト。ウィードが多いエリアではネイルリグった言った感じで使い分けておりますが、使用ルアーは同じ、ジャスターシャッド4.2です。

そして使用するタックルですが、ロッドはシマノ・エクスプライド1610Mを使用。これはウィードの成長と、バスのパワーアップとともにチェンジ。もう少ししたら、エクスプライド168MHとなります。

このジャスターシャッド4.2のネイルリグ、ネイルシンカーはカンジーのネイルシンカー1.8&2.1を使いますが、総重量は7g前後なので、ロングキャストが簡単にできる重量ではありません。

なので、ロッドが硬すぎると、キャストフィールが悪くなるので、最初はMがお勧め。慣れてきてからMHに移行しても良いと思います。

次にリールはシマノ・NEWメタニウムHG、これで決まり。このリールはロープロファイルで、手の小さい自分には最高に握りやすいリールになっております。

このネイルリグの釣りでは、軽くトウィッチやジャークを入れたりするなど、リールをしっかりとパーミングする状態が多いので、このロープロと軽さは最高となります。

ラインはサンライン・FCスナイパーアザヤカ14ポンド。エビ藻が多いエリアでは16ポンドになります

そして、ルアーのセットですが、ジャスターシャッド4.2にはカルティバ・直リグスピンフック3/0がベストマッチ。溶接リングを介して、最初からフックとダブルクレンが装着されているので、糸ヨレの心配が有りません。

さらに、ダブルクレンや溶接リングのウエイトにより、少し早くフォールするので、深いエリアを攻めやすくなります。

ちなみに、この釣りを、スピニングのPEセッティングでするのもかなり良いので、是非試してみ下さいね。まさに今からが旬ですので。

さあ〜明日から6月、タックル調整しないとね!!

さあ〜明日からいよいよ6月ですね。水温も23度前後になり、いよいよ回復系の魚がメインとなってくる時期。
例年通りでいけば、ボトムからトップまで色んな釣り方で遊べる楽しい時期に入ります。

ゲストさんから、ガイドに来るなら、一番お勧めの時期は!!と聞かれたら、自分はこの6〜7月をお勧めしております。天気的にも激荒れが少なくなりますからね。

そこで、まずは回復系パワフルバスが相手になるので、そろそろタックルもパワーアップしていく必要が有ります。

今まさに多用しているボトストも、ラインはフロロ5から6へ。ロッドも、265ULプラスから267Lプラスへ。もし無ければ266Lへ徐々にシフトしていきます。その辺りはウィードの具合によっても変わってきますが。

ラインも、フロロ6がメインとなりますが、PE0.6〜0.8もスタンバイしていきます。特に今年はエビ藻エリアが多いので、PEは必要になるでしょうね。ベイトはそれほど変わらず、14〜16ポンドでいきます。

昨年、あまりやりきったイメージが無いウィードの釣り。今年はできるかな!!エビ藻は縦ストと同じイメージで攻略。表層ならポッパー、フォールならジャスタースティックのスライドフォールも最高。ボトムなら直リグで決まり。一番面白い季節ですね

皆さんもスタンバイしておいて下さいね。