タックル」カテゴリーアーカイブ

準備で今年初の3ポンドを巻いてみた!!

夕方から、テレビを観ながらマッタリとラインを巻いたり、シンカー等のチエック。そろそろ、ガチで準備しないとダメな時期に来ました。

琵琶湖なら、日常なんで、そのままGOですが、他のフィールドとなると、そうもいかず結構準備が大変です。今年もまた、変わりなく、バタバタするでしょうね。

ラインも今年初の3ポンドを巻きました。ちなみに、自分の中では初のインビジブルを使ってみる事に。

ラインを細くする事で、ロッドもパワーを一つダウンさせます。これで、キャストするルアーもより軽くできる、さらにロングディスタンスで攻める事ができます。

さらに、絶対にミスれない釣りでは、ドラグも絶対的な信頼と、メンテがされているリールをスタンバイさせます。

さらに、フックもファインか、細軸を使用して、スィープなフッキングを。こんな感じで、タックルは一つ一つの性能も大事ですが、その前提にあるのが、タックルバランスで、非常に重要です。

ここを横着すると、貴重な魚が獲れないので、ちゃんとやらないとね。

しかし、3ポンドを使うのは、かなり久しぶりなので、少し心配。琵琶湖ではまず使用しませんからね〜!!

そろそろレンタル用の準備もしないと!!

荒れ模様で、あっさり湖上勤務を諦めたので、午後はレンタルボート用セットの用意をする事に。これも今のうちにやっておかないと、いつも直前でバタバタします。

ボートスタイルと言っても、その中でまたまた色んなスタイルが有るので、用意は結構大変。これも年に数回しか使わないので、最初はどうだったのか!!忘れる!!

そして、重要なのはこれ!!昨年はこのバッテリーの充電を前日に思いついて、あたふたしたのを思い出しました。

ガイド艇は普段から充電しているので、良いのですが、アルミ用は、普段は使わないから、どうしても放電気味になります。

前回、痛い目にあったので、今回はきっちり充電。使ってなくても、できるだけ充電器にかけるように気を使っております。

そうやって気を使っていると、このオプティマバッテリー、どこまで使えるのか!!これももう2〜3年経っていますが、今のところ、全くパワーダウンを感じません。

今年もまた頑張って貰います。

検証したら、あっさり3キロオーバーをGET

まずは、昨日の午後の釣果からは3バイト&ファイト、2フィッシュでした。一番大きいのが55の3キロオーバー。

この魚はかなり楽しむ事ができました。

この魚は、週末のBAITでウエンツが釣りまくった釣り方、ジャスターフィッシュ3.5のDSを検証しようと思って、やってみたらあっさり釣れた魚。

ジグヘッドに比べると、リズム的に遅くなるので、やはりある程度絞ってからやった方が良い釣り。この魚もやはり、ピンについておりました。

今年はウィードがない分、この手の釣りが効くでしょうね。ちなみに、この前に何キャストも巻物を通しておりましたが、何もありませんでした。

春はジグヘッドが多く、ダウンショットは殆どやらないのですが、釣れますね。カラーは2019年イベント限定カラーとなるネオンアユ。

シンカーはカンジーのドロップショットシンカー2.6g。フックはカルティバ・バマスフック#4。そして糸ヨレ防止にダブルクレン#18

ラインはサンラインFCスナイパー5ポンドでした。

ロッドは、もう船長のシェイキングロッドとしてはお決まりのエクスプライド265ULプラス、リールはNEWバンキッシュC2500SHGでした。

今年の春のフィネスはジャスターフィッシュ3.5のDSもラインナップにいれてみようと思います。

さあ~今年も頑張りますよ船長琵琶湖ガイド。船長琵琶湖ガイド4月末までのご予約を承っております。ガイド可能日の確認&ご予約はリブレ予約フォームからメール、または直接リブレの方に電話して貰えればと思います。皆様のご連絡、お待ちしております。

只今、先週末に開催されたBAITでの入賞動画を公開中です。まだまだ、これから再現性が高いので、是非、参考にして下さいね。