タックル」カテゴリーアーカイブ

スイムジグに後少しだけアピールが欲しい??そんな時はコレ【ジグスピナー】

3月8日は琵琶湖勤務で毎度のごとく遅出出勤。春の魚を探すのは勿論ですが、試したい事も満載で、自ずと、タックルは多くなる。これがガイドであれば、ある程度釣り方も絞るので、タックルも少なくなる。おそらくガチで釣るなら、このパターンが断然良いはず。

前日の夜、何気にある試したいセッティングが思い浮かび、この日は、これを試すのが、かなり楽しみでした。

とりあえず春に向けて、テンポよく、南湖を全て見て回る事に。そして、水温が上がるタイミングで、テスト開始。このセッティングがはまりそうなエリアをガンガン攻めていきます。

すると、まずはコッと小さなバイトが。このエリアに反応する魚がいる事はわかり、その後も、同じテンポで巻いていくと、ドスンをブチ曲がり。

春らしい、ブリブリの50UPをゲット。巻いてドスンと50UP、まさしく琵琶湖の春です。

さて、前夜に仕込んだ、ヒットルアーですが、それはダブルフラッシュスピン10g&ジャスターシャッド4.2。

このデーターだけ見れば、何も特別感はありませんが、内容的には市販モデルとは異なります。

まず、ジグスピナーのベースはダブルフラッシュスピン(インディアナタイプ)3.5gで、ヘッドを10gに変更。

さらにベリーに一手TGシンカー3.5gをセットしております。この辺りは、狙う水深や、スピードでセッティングを変えていきます。

ブレードを一番小さなタイプにして、ブレードによる波動や、フラッシングを抑え気味に。要はスイムジグでは少し弱いけど、スピナーベイトでは強すぎる場面での効果を考えた内容です。

さらに、ベリーにシンカーをセットする事で、姿勢的にハードボトムへのロスト率を回避、さらに縦のアクションでも、誘えるように。この辺りは、水中でフォールさせればわかると思います。

当日も、やはり、ささ濁りエリアで反応が出ました。

文中でも、書きましたが、スイムジグでは少し弱いかな??と思える条件で、是非試して欲しいと思います。

これが今後水温が上昇すれば、また濁りが入っていれば、ブレードサイズも通常でOKの場面も多くなります。

ソフトベイトと金属パワーの融合となるジグスピナーのポテンシャル、是非この春に味わってみて下さい。

いよいよ3月がスタートしました。一緒に一足早い春を見つけにいきましょう。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。

3月,まずは琵琶湖でシマノテストDay。春らしい釣り方でブチ曲がり??

さて、ついに3月がスタート。水温がどうであれ、日照時間が長くなると、動き出す春の魚等。まさに今から春の魚を探していく一番面白い時期が来ました。

と言う事で、3月一発目の仕事は琵琶湖勤務で、シマノのテストDay。朝から夕暮れまで、丸一日ガッツリと色々やってきました。

こうやっていつも現場まで足を運んでくれるシマノには感謝しかない。一緒に釣りをする事で、共有できる事は非常に多く、マイナスになる事は一切ない。

釣りという遊びは、数値的なデーターは勿論重要だが、最後は感覚的な部分も重要なので、そこの感覚をその場で、一緒に共有できるのは、本当に有難い。

他の事柄も同じですが、電話やメールだけでできる事も十分あります。しかし、それだけでは、できない事も、沢山あるわけで、そこを横着すると、やはり色んな事がマイナスになっていくでしょうね。

今回は、シャローからミドルがテーマだったので、そのレンジを課題に沿って色々チェックしていきました。
その中で、「お〜これはマジ凄い??」と思えるプロトも数多くあり、今後のシマノもかなり熱いとだけ言っておきます。

そして、実釣においては、なかなかベイトの反応がなく、生命感が有るようで乏しい感じ。そんな中、風と雲が出たタイミングにチャンス到来。ブリブリの50UPがヒット。

水面直下で反転する魚を見ると、やはり興奮ものです。しかし、ボート際でフックオフ。まさに春のあるあるで、食いはかなり浅い感じでした。

ちなみに、ヒットルアーはシマノ・ワールドダイバー99SP。このタイプにしては、かなり飛距離が稼げるバランスとなっており、狙っているレンジできちんとステイさせて、バイトを誘発させる事ができるルアー。まさに今からの時期かなり使えるルアーとなっております。

春らしい釣り、春らしいレンジで、反応があったのは、かなり楽しかった。確実に琵琶湖の春が近づいておりますね。

22エクスプライドに関して、船長目線からもコメント動画は既に公開させて頂きましたが、22エクスプライドはまさに始まったばかりです。シマノのバスロッド、今後もさらに進化するので、乞うご期待です。

今、まさにテストしているプロトタイプ、来年かな??再来年かな??まあ〜期待しておいて下さいね。

いよいよ3月がスタートしました。一緒に一足早い春を見つけにいきましょう。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。

2022 シマノNEWエクスプライド 今までとは全然違う【22エクスプライド】

来週からいよいよ3月と言う事で、そろそろ準備しようかと動きだされた方も多いのではないでしょうか??

さて、このブログを常に既にご覧になって頂いている方は、既に例のアレを購入された方、または予約された方も多い事と存じます。

例のアレ、そう、フルモデルチェンジした22エクスプライドです。

まあ〜既にギミック的な事は、メーカーのWEBサイトやSNSで嫌と言う程、インフォメーションされております。

自分的には夏頃まで、プロトを触っていたので、こうやって今、市販モデルが手元にきて、これからは気を使わず、使えるだけで、テンションは上がりますね。

今回のフルモデルチェンジは、やはりカーボンモノコックグリップによるところが大きいのは確か。しかし、自分の中では、今回のフルモデルチェンジをかなり楽しみにしていた理由として、一発目からのラインナップに専門性の高いアイテムが入っているところ。

この辺りは、エクスプライドをスタートさせた時とは全然違うところで、ガチなフルモデルチェンジを言える。

まあ〜微力ながら、長年、琵琶湖と言うマーケットにおいて、エクスプライドに関わってきた自分としては、今回のフルモデルチェンジは本当に嬉しく思う。

そんな22エクスプライドに関しての話を動画にしてみてので、これから購入を考えておられる方は、参考にして貰えればと思います。

来週からいよいよ3月、早春がスタートします。一緒に一足早い春を見つけにいきましょう。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。