タックル」カテゴリーアーカイブ

エクスプライド2ピースのみで大正解!!

実釣は本日で無事終了。ちなみに、今回は出発する前日まで、かなり迷っていたのがロッド!!車なら、迷う事がないが、飛行機なので、その取り扱い。

色々悩んで、エクスプライドの2ピースのみでタックルを組みました。結果的には大正解で、持ち運びはかなり楽でした。

最初は、いつも海外にも持っていくデカイ、バズーカーに入れて運ぶ予定でしたが、電車ではかなり不便。
もし送るにしても、ヤマトでは遅れず、佐川でも結構な値段がします。

そして、前日に小さなケースを購入して、4本パッキング。今回初めて、2ピースのみで持ち運びましたが、これならかなり手軽で電車やレンタカーでもイラっとしませんでした。まさにこれが時代ですね。

エクスプライドは2ピースが多いので、かなり便利。今後、ドンドン増やしていこうと思います。

今後、飛行機&レンタカーでの遠征パターンが激増するので、もっと快適に、そして経費を抑えれるように考察していきます。

来年の打ち合わせ、そして「喰わせライム」も店頭に!!

今日は上州屋栗東店で打ち合わせ。内容は来年のあれこれ!!そろそろ詰めに入らないと、間に合わない時期になってきたので!!

しかし、こうやって地味ながらも色んな店舗を回っていると、リアルな情報を耳にする訳で、琵琶湖ガイドとして聞く耳と、メーカーとして聞く耳は、少し変わってくる。しかしそのどちらも聞く耳を持っている自分の立場は、今後においてとても参考になっている。

この11年間で作った青い壁。維持するには、それ相応のパワーがいる。信用と同じで、壁を作るのは超大変、しかし無くすのは瞬間ですからね。ガイド業では釣れれば、ひとまずOK。メーカー業では、釣れても、売れないなら意味なしになってしまう可能性大。とりあえず、そうならないように頑張らないとね。

ちなみに、一瞬でソールドアウトした、ジャスターフィッシュ3.5の上州屋オリカラ「喰わせライム」が、何とか少量ですが、店頭に並びました。興味ある方、是非GETして下さいね。

サンプル到着、まずは地味かつ重要なコレからチェック!!

雨も止み午後から湖畔テストへ行ってきました。内容はタイミングよく到着したサンプルのテスト。ちなみに、今まさに取り組んでいるサンプルは、本当なら今年の春にリリースしたかったルアー。

しかし、どうもバランスが微妙で、本型に入った時のバランスが読めず、かなりリスキーだったので、見送ったもの。

ジャスターフィッシュもその最たるもの、さらに最近ではブリキンもかなりヒヤヒヤしたモデル。いざ本型で生産に入った時に、微妙にアクションが変わる事が有り、場合によっては修正不可能な場合も有り、そこは非常に恐怖なところ。

もしマテリアルで修正不可能な場合、その金型は無駄になり、そこで既に大きな経費が発生するので、超怖い。そうならないよう、本型までに入るまでに、色んな調整も含めてデザインしていく訳です。

ちなみに、ワームのタイプによっても変わりますが、新しいサンプルが上がってきたら、まずは色んなタイプのフックにセットして、そのアクションの差を見ていきます。

かなり変化する場合も有り、その場合は、どのフックを標準なセットにするか決めて、アクションの違いを見ていきます。

今日はまずはその差をチェックです。このフックなら、このなる!!ならばこのフックならこうなる!!と言う事は、ベストな重心はここで、ここをズラせば、こんなにアクションが変わるのか!!
って感じ。

そして、そこから得られたデーターから、場合によっては、さらにボディーバランスを修正したり、形状を変化させていくなど、いろいろなパターンが有ります。

今年はNEWモデルを見送った分、来年はがっつりNEWモデルをリリースする予定なので、集中して取り組んでいきます。

先週末にオンエアーされた「ルアー合衆国」でも色んなヒントが有るので、まだの方は是非ご覧下さい。