タックル」カテゴリーアーカイブ

今年は出番多いよ、ワイヤーベイト専用ロッド、それぐらい最高【スピナーベイト】

昨日、勤労感謝の日は琵琶湖ガイドの予定でしたが、悪天候の為、ゲストさんと相談の結果、来月に延期。結果的に、風が強く、寒い1日になりました。

今、琵琶湖は超減水傾向にあるので、放水は最低限。その状態で、強い風が何日も吹くと、エリアによっては濁りが発生。そうなると、またまたスピナーベイトの出番が来そうです。

今年の南湖はウィードがかなり残っているので、巻き展開で言うと、濁れば、スピナーベイト。

濁りがなくなれば、スイムジグでサーチするのが効率よさそうです。

自分のスピナーベイトタックルはここ数年、固定されており、これで決まり

ロッド:シマノ・エクスプライド173MHLM
リール:シマノ・アンタレスDC
ライン:サンラインFCスナイパー14lb 16lb
ルアー:シマノ・スウェジー3/4

スピナーベイトに関しては、巻物のカテゴリーですが。フック的に言えば、太いシングルフックで、ジグと同じ。なので、トリプルフックを使用した巻物とはまた異なります。

なので、自分の中では、ディープクランクよりもフッキングがいれやすいロッドで、かつ魚のバイトを逃さず、のせれるロッド。しかも、琵琶湖で使用するとなると、ロングキャストのやり易さ。

それらを考慮すると、自分の中では、グラスではなく、低弾性カーボンが一番しっくり来ており、また7.3フィートのレングスも、ベストマッチとなっております。

また春と秋では変わります。秋は掛け調子の方がよく、自分も昔はMHやHなど、直リグロッドでやっておりました。しかし、今は肘が持たない、また今の低弾性カーボンの性能がすこぶる良いので、これで落ち付きました。

エクスプライド173MH-LMは自分の中で、まさにワイヤー系ルアー専用ロッドとなっております」。

スピナーベイトをする時、まずはルアーが注目されますが、実はロッドはかなり重要。投げにくいスピナーベイトを長時間、ロングキャスト。まずはこのロングが出ないと、ヒットゾーンの確保ができないので、やはり釣れる確率は下がります。

さらに、ウィードやハードボトムに当てて、バイトを誘発する事も多く、その当てた感覚が無いと、バイト率は下がり、かつコッという小さなバイトを合わせにいかなと取れない魚も多く居ます。

それらを感じるのは、ルアーも有りますが。ロッドの役目は大きくなります。巻物と一括りにしてしまうと、ミスが多くなるのがスピナーベイトの釣りですね。

そして、今年の琵琶湖は、ウィードと濁りが適度にあうエリアが多そうなので、ブレードのフラッシング効果とワームの喰わせ力をあわせもつジグスピナーも出番が有りそうです。

自分も次、琵琶湖に出たら、スピナーベイトと併用して巻いてみようと思います。

皆さんも、是非試してみてくださいね。

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドサービスでは12月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

また過去に利用された方に関しては、メールやDMでも承りますので、ご連絡お待ちしております。

なお杉戸船長日本海ガイドサービスに関しては、ただいまWEB作成中ですので、それが稼働するまでは、直接インスタのDMやフェイスブックのメッセンジャーでお問い合わせ下さい。

なお、基本、琵琶湖ガイド同様、完全チャーター船となるので、2〜3人でガイドに来られるのがベストだと思います。4人の場合、オフショアジギングに少し慣れておられる方が良いと思います。

また天気の状況次第やスケジュールの変更具合で、少人数での乗合プランもやっていく予定です。

この少人数乗合プランでは、3人集まれば、出撃しますが、あくまでも、こちらから提示する日程のみ可能となり、天候次第で募集しますので、常にこのブログをチェックしておいて下さいね。

杉戸船長琵琶湖ガイドサービス&日本海ガイドサービスともによろしくお願いします。

秋のラバージグ炸裂で使用したタックルはこれ

昨日、動画で公開させて頂いた秋のラバージグテクニックですが、そのタックルの詳細を紹介させて頂きます。

と言うのも、リザーバーにおいてこのスイミングで喰わす場合、タックルによってバイト数に差が出るので、とりあえず今回、自分が使用した内容を紹介しますね。

ロッドはエクスプライド168MH。自分の中での、ボトム系のマルチロッドで、ジグやフリーリグでの使用頻度が多く、琵琶湖でもリザーバーでも使用。

特に今回メインで使用したのが3/8OZのラバージグだったので、尚更OK。これが1/2OZ以上や、リアクションバイトをとるなら169Hなる。

ジグロッドはあまり長いと小技が難しく、立ち回りがやりにくいので、7フィート未満が好ましいと思っている。さらに軽い方が良いので、今はこの168MHが気に入っている。野池など、さらにショートディスタンスならゾディアスの166MH-2でもOKです

次にリール、これはNEWメタニウムHG。使用するライン、メインで攻略するディスタンスで、使用するリールもある程度変わるが、リザーバーで、今回12LB使用だったので、メタニウムで決まり。

琵琶湖ならメタニウムDCをセットする時も多い。

ラインはサンラインFCスナイパーBMS 12LB バイトが出るのは6〜8mが多く、スイミングの軌道が変わる最後の段階でバイトが出るので、やはり細い方がバイトが取りやすい。

14LBでも使用したが、やはり12LBの方がベストでした。

ジグや使用するトレーラーの話は動画の中である程度説明しておりますが、その日の魚の状況によって、かなり変わるので、そこは細かくアジャストしていく必要が有ります。

特に秋は、魚のポジションがドンドン変わるので厄介です。

動画の中で紹介した水中映像をイメージして、是非、フィールドで試してみて下さい。

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドサービスでは10月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

また過去に利用された方に関しては、メールやDMでも承りますので、ご連絡お待ちしております。

なお杉戸船長日本海ガイドサービスに関しては、ただいまWEB作成中ですので、それが稼働するまでは、直接インスタのDMやフェイスブックのメッセンジャーでお問い合わせ下さい。

なおソルトガイド予定日に関しては、リブレの琵琶湖ガイド可能日を参考にして貰っても大丈夫です。

なお、基本、琵琶湖ガイド同様、完全チャーター船となるので、2〜3人でガイドに来られるのがベストだと思います。

また天気の状況次第やスケジュールの変更具合で、少人数での乗合プランもやっていく予定です。

この少人数乗合プランでは、3人集まれば、出撃しますが、あくまでも、こちらから提示する日程のみ可能となり、天候次第で募集しますので、常にこのブログをチェックしておいて下さいね。

琵琶湖ガイド、日本海ガイド、ともによろしくお願いします。

ついに発売になったので、使用する前にここは意識してね??的な動画を公開

8月8日(日曜日)の船長琵琶湖ガイドでは、ゲストさんに何と64cm 4700gの10ポンドオーバーが出るなど、今の琵琶湖はやはり来たらデカイ。

そんな10ポンドオーバーの魚が反応したのは、ジャスターフィッシュ3.5(桜ブルー)&レンジローラー1.8gのセットでした。

まさに今から旬となるワカサギパターンで狙った結果となりました。そんなワカサギパターンで、必ずマスターすべきなのがジグヘッドスイミング。まさにミドストです。

そんなミドストに必要不可欠なのが、ロールアクションが出しやすいジグヘッドの存在で、まさに絶妙なタイミングでレンジローラーが発売になりました。

まさに、スイミング優先でデザインされただけあって、ロールアクションはかなり出しやすく、細かいところまで、究極のバランスでデザインされております。

そんなレンジローラーを使う上で、少しばかり船長ワンポイントアドバイス的な動画を作ってみましたので、是非参考にして貰えればと思います。