未分類」カテゴリーアーカイブ

琵琶湖と日本海の往復、今年はフウマにも参加してもらう(笑)

今年の1月は、今のところ昨年と比べると、雪が少なく、海も出れる日が多い。しかし、今週からいよいよ大寒波が来るとのことなので、とりあえずその用意で港での作業。

琵琶湖ではマリーナに駐艇しているので、台風前に少し気になる程度で、心底ビビる事は殆どない。

しかし、港に係留していると、そうはいかず。特に風に強くない港ではあれば、毎回ヒヤヒヤとなり、神経がすり減ることも多々。

さらに冬の日本海は、雪で簡単に船が沈むから厄介です。すぐに船の面倒がみれない場合、面倒がみれる人達との人間関係を築く必要があり、色んな意味で甘くはない。

大袈裟に言えば、海での船長業をやり始めると、釣れる釣れないは、最後って感じ。さらに言えば、遊漁船ごっこのこずかい稼ぎ程度なら、難しくはないが、それ相応の稼ぎをしようとなれば、覚悟は必要って感じです。

そして、港での作業が終われば、嫁さんに付き合って水を汲みにいく事に。普段、その光景を見ていたが、今まで、ここで汲んだことは無かったが、今回初めて、汲んでみました。

滋賀と小浜との往復生活。地元に何のツテもなく来た時から比べると、少しずつではあるが、地元に馴染みつつある今日この頃。

そろそろ、フウマにも慣れてもらおうと、小浜に連れていく日々。今年は、フウマにも琵琶湖と日本海の往復に参加して貰おうと思っている。

琵琶湖と日本海、その距離わずか75km。鯖街道の地道のみで、約1時間15分。この距離感で得られる、楽しさと充実感は、計り知れない。

琵琶湖で培ったスキルと経験を日本海で、さらに日本海で得られるスキルと経験を琵琶湖にフィードバックしたい。ともに自分の船で、自分の魚を探す楽しみは、人生をかける意味があると感じている。

今年こそが、自分の中で、リアルなスタートになるだろう。

冬でも餌を食いに上がってくるデカバスを狙う釣り【スイムベイト】

今から数年前の12月は、ブリキンスイマー発売前の最終テストで、時間があれば、高山ダムでテストをしておりました。写真はその時の写真で、高山ダムは満水状態。まさに冠水ブッシュとの戦いで、スキッピングを多用して、ブッシュの下から、誘い出して如何に食わすかの釣り。

スキッピングのやり易さ、また冠水ブッシュの際を如何にデッドスローで見せて食わせる事ができるか??まさにブリキンスイマーの開発コンセプトをテストするには、最高のシチュエーションでした。

過去の映像にはなりますが、そのテスト時の映像が残っていたので、公開させて頂きます。

時期はまさに寒波が到来した12月中旬、まさに今からの時期。再現性が有るので、是非、ご覧になって頂き、皆様のフィールドで試して貰えればと思います。

午前アコウ便、後半は狙う撃ち成功【アコウ釣り】

7月30日のSEAGET、まずは午前アコウ便からのスタートで、この景色から釣りを始めて貰います。「この景色だけで最高ですね」とゲストさんのお言葉、まさに大人の夏休みって感じです。

ちなみに、一見どこも釣れそうな雰囲気ですが、これが意外に差が激しく、特にサイズを混ぜようと思うと、ポイントを見極める力が試されます。

まずは、ウォーミングアップで、ガシラ狙い。サイズはどうであれ、反応があるのは楽しい。

ウォーミングアップが済めば、お次は本命のアコウ狙い。当日は少し潮が流れる状態だったので、ボトムが取りずらいゲストさんは軽いタイラバを使用してアコウをゲット。

潮加減で、溜まっているスポットが変わるので、数箇所を点々と探っていき、アコウを狙い打ち

ルアーは3インチ程度に反応がよく、少しの差でバイト数が激変します。

ボトムを意識しながら、軽くスイミングを入れると、アコウには効果的。

普段バス釣りもされているゲストさんなので、ルアーをあれこれチェンジ。反応が変わると、それも楽しい。

後半はサイズもアップしていき良い感じ。

ゲストさんのタックルは普段のバス釣りタックル。これで十分遊べてしまうので、エントリーしやすいロックフィッシュ。と言う感じで、午前ロック便、毎度のことながら、5時間は瞬殺で終了となります。

ゲストの皆様、琵琶湖を通り越して日本海へ足を運んで頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

今年は遅かったアコウですが、ようやく調子が出てきた感じです。是非、この景色の中で、お気軽な5時間で、お気軽なタックルで狙ってみてはどうでしょうか?

皆様のエントリーお待ちしております。

少人数での乗合&チャーターによる、イカメタルの半夜便&深夜便を募集中、またバスタックルで狙える午前アコウ便も募集中です。詳しくはWEBよりお問い合わせ下さい

琵琶湖ガイドにおきましては、半夜&深夜便との調整が必要となりますので、日程等はできましたら、WEBからメールまたは電話等でお問い合わせ下さい。調整つけば、ガンガン出ていきます。

琵琶湖も日本海も季節が進み、色んな釣り方がで楽しめるようになってきました。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。