日本海小浜ガイド」カテゴリーアーカイブ

ソルトデビュー便が続くSEAGET、釣りに境界線無し【日本海ジギング】

この季節になると、ジギングやタイラバにおけるソルトデビューを希望されるアングラーからの問い合わせが多くなっており、前日に引き続き、この日もソルトデビューされる方を混じえて乗合でスタート。

すると、早々時間がかからないうちに、あっさりヒット。一発目から、良い青物のファイトを堪能。

普段、バス釣りをされているアングラーで、かつまさに本日ソルトデビューされるので、そのファイトに興奮気味。

人生初のジギングでついに青物をゲット。さらにブリっと太ったメジロなので、ファイトも大満喫。ルアーは撃投ジグストライク85g。基本、ボトムで食っております。

潮が適度に走っており、さらに良い感じで船が流れる。そうなると、やはり反応が出ます。

サワラをゲット。

イカメタル便でSEAGETをご利用して頂いたゲストさん、ライトジギングでもご利用して頂き、ロッドブチ曲がり。「久しぶりの青物、気持ちええわ〜」との感想。

イカはイカ、青物は青物、それぞれの楽しみ方が有ります。

釣れれば、ブリっとしたメジロクラスとなり、楽しむには丁度良いサイズ。

奥様はボトムを突いて、根魚をゲット。

サワラに続いて、青物を追加。程よくテクニカルで、飽きない程度に反応があるので、楽しさが持続できる状態。

この日、ソルトデビューされたゲストさんも、フックオフなども含めると、順調に反応が有り、青物を追加。なんとなく感じが掴めてきたご様子。

メジロとサワラの反応が程よく続き、秋の小浜沖を楽しむ事ができました。

ゲストの皆様、ご乗船ありがとうございました。バス釣り、イカ釣り、ジギング、タイラバ、それぞれに楽しさが有りますので、境界線を作る事なく、楽しんでいきましょう。今後ともよろしくお願いします。

ソルトデビュー戦、メジロにサワラ、小浜沖を満喫【日本海ジギング】

週末となると、各防波堤は大混雑。夜明けから深夜まで、釣り人だらけの状態。出船するまでも色々大変です。

そんな日曜日のSEAGETは、ソルトデビューされるゲストさんと、ソルトデビューされてから1年のゲストさんお迎しての出船。最初は、できるだけ難しくない釣りで、サクっと釣れるようなプランニングをイメージして、ドライブ。

すると、最初のポイントから反応があり、ソルトデビューのゲストさんがサワラをゲット。

さらに、メジロもゲット。あっさり、お二人ともソルトデビュー成功。反応の良さと、そのファイトにゲストさんもビックリ。デビュー早々、青物が釣れれば、当分はそのファイトの中毒になるのが、大体のパターンです。

さらに、ソルト一年のゲストさんも、あっさりメジロをゲット。やはり青物は楽しい見たいです

その後、ヒラメ。

さらにサワラを追加するなど順調に獲物をゲットしていくゲストさん。この日のために購入したクーラーにお土産が追加されていきます。

釣れれば、サワラとメジロのパターン。ソルトデビューのゲストさん、青物ファイトを堪能。

自分も1投したら、あっさりメジロをゲット。

また、メートル級のシイラーもヒット。そのファイトも見ながら、皆んなで大盛り上がりでした。

タイラバでは食べ頃サイズの真鯛もヒット。

アコウも追加。

ジグでもデカイアコウが入るなど、表層からボトムまで、色んな魚が釣れ、秋の日本海小浜沖を楽しむ事ができました。またソルトデビューされたゲストさんにとっても、記念すべき1日になったようです。

ゲストの皆様、乗船ありがとうございました。バス釣りは勿論、これからはソルトも併用して楽しんで下さいね。今後ともよろしくお願いします。

まさに日本海も秋本番、少人数による乗合&チャーターで、タイラバ&ライトジギング便を受付中です。詳しくは杉戸船長WEBサイトよりお問い合わせ下さい。

琵琶湖ガイドにおきましては、日本海便との調整が必要となりますので、日程等はできましたら、WEBからメールまたは電話等でお問い合わせ下さい。調整つけば、ガンガン出ていきます。

琵琶湖も日本海も季節が進み、色んな釣り方がで楽しめるようになってきました。杉戸船長琵琶湖ガイド、また日本海小浜ガイドサービスSEAGET、いずれも受付中ですので、杉戸船長WEBサイトでスケジュール確認の上、問い合わせ&ご予約お待ちしております。

船の面倒を見るのは大変、軋む音は生きた心地がしない

本来なら、日々更新するべきブログも、なかなか手が付けられない状態が続いており、見に来て頂いている方にも本当に申し訳ありません。

今年の夏は、しっかりイカをやろうと決めていたので、8月においてはソルトのみに集中して、昼便と半夜便の2便体制を、一人でこなす日々、24時間で海にいる時間は16時間。とりあえず釣果もさることながら、安全第一の航行を最優先して、取り組んでおりました。

そんな生活では、わずか数時間の睡眠時間を確保、さらに間の隙間時間で、SNSを更新するのが、精一杯でした。そんな夏が少し終わろうとしておりますが、さらに厄介なのが台風接近。

そして、今シーズン一発目の台風接近。小浜に影響が出るのは火曜日、しかし日曜日までガイドが入っているので、準備ができるのが月曜日のみ。

なので、超バタバタ。またそんな時に限って予期せぬ事が起こり、さらにバタバタとなりました。

先輩船長達は、経験上回避パターンが決まっているので、慣れたものですが、自分はそうもいかず、考えながら行動する感じで、まさに試行錯誤しながらって感じ。新たにロープの追加など、いくらやっても心配は尽きません。

船をつなぐ命綱、ロープもさる事ながら、このブイが切れれば、もう終わり。あとは祈るのみです。

まさに突風時にロープにかかる負担は相当なもので、ロープが軋む音は生きた心地がしません。

1番、強い時間帯はもう見守るのみ。何か起これば、もう人の力では、何もする事ができませんが、この風速で、船がどのように動き、またどのロープにどれぐらい負担がかかるのか?それも経験なので、過ぎ去るまで、全て自分の眼で確認する時間となりました。

今までの琵琶湖ガイド時なら、マリーナに置いてあるので、被害があっても、カバーが破れるのみ、何かあっても10万程度。特に心配する事がない25年間でした。

しかし今の自分の環境では、桁違いに危険。まさに海において、船の面倒をみる事の大変さを、今見にしみております。マリーナに置ければ、琵琶湖時と同じ何も問題無しですが、その他の係留となれば、常に危険と背中合わせ。

特に日本海は危険。秋の台風、冬のシケと雪、沈む要素が盛り沢山です。何かあれば、簡単に数百万がぶっ飛ぶ世界なので、色んな意味で覚悟が必要です。

とりあえず、今回の台風は何もなく過ぎ去ってくれましたが、来週もまた来るかも。また次に向けて準備が必要です。

ちなみに、夏の間に超蓄積された疲労と睡眠不足、そして台風時のバタバタで、船の安全が確保された瞬間から自分の電池が完全に切れて、強風によるキャンセルもあり、今は延々寝れる感じ。

25年以上に及ぶ自分のガイド人生で、昼夜に及ぶ初の2便体制となった今年の夏、慣れるまで相当大変な感じですが、なんとか事故なく、持ってくれた自分の身体に感謝です。とりあえず、昨日から寝まくったので、ぼちぼち仕事を再開します。

最後に、色々アドバイス頂きました先輩船長の皆様、何かと手を貸して頂いた遊漁船仲間、急なお願いを快く聞いて頂いたマリーナの方々、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。