その他フィールド」カテゴリーアーカイブ

今の池原ダム、数は無限バイトでいくらでも釣れます

ほぼ、毎年恒例になっているのが、この時期の池原ダム。プライベートでもTVロケでも、この時期は毎年、数回行って楽しんでおります。

数日前も2日間行っており、仕事とはいえ、かなり楽しむ事ができました。今回は三重放送「ルアー合衆国」のロケで池原IN。いつも通り、ワンアップ平井さんでレンタルボートを借りての出撃です。

TVロケでは、1日のみのロケなので、毎回ヒヤヒヤな状態です。もし、朝の3時間、エリアを間違えば、後はもう本当に大変です。

普段、通っていればまだ何とか見えそうですが、普段もいけて無いので、基本、一から自分で探すところからスタート。今回も、ロケ日の前日に練習しました。

池原ぐらいの規模になると、1日では、各エリアの雰囲気を掴むだけで終わるのが普通。本当は2〜3日やれば、詰めれるので楽しいでしょうね。

基本、池原にくる時は1人。なので、運転は眠いが、自分のペースで動けるので、お気楽。練習の時は、適度な時間で終了して、温泉に入る。今回は、初めて利用する温泉へ。

琵琶湖勤務なら、家に帰る時間ですが、既に温泉タイム。そしてその後はいつもの常宿IN。

最近のロケ時は、パソコンを持ち込まないようにしている。なので、何気にスィーツ食べながら滅多に見ないバラエティ番組を観るだけ。今はもうこれが至福の時。

普段は本当に多種多様の仕事をしている自分。だけにこのロケ先での前日は、あえて他の事は考えなくても良いので、気持ち的には何故か、リラックスできます。

と言うか、泊まりの場合、唯一睡眠時間が確実に確保できる点で、リラックスできている感じですね

そして、ロケ本番は、雨が降りそうで降らない曇天。天気的には良い感じですが、朝晩はかなり寒い状況。これが自分の予定を狂わせます。

まあ〜ロケ有る有るで、例年どおりにはいきません。またプラで魚が湧いてきたエリアも沈黙。毎度ながら楽はさせてくれません。

でも有る意味、ここが一番面白いところで、試されているところ。自分に与えられた時間は、1日のみ。この日で何とかするしかありません。

しかも、自分の立場的には、ただ釣るだけでは全く意味が無いので、ここは色々背負っております。

今の池原ダム、普通のスタイルでの釣りで、デカイのを狙うと結構難しい。しかし、数釣りとなると、もう笑えるぐらい釣れまくりで、まさに無限バイト。

半日掛からない程度の時間で、軽く40〜50本は超える勢いで反応が有りました。

今回は、そんな状況で、普段ほとんど紹介していない釣り方で、サイズ狙いも頑張ってみました。

この模様は、7月24日「ルアー合衆国」で放送予定ですので、是非、ご覧下さい。

今の池原ダム、サイズ狙いのビックベイトパターンも十分有り、今回も、ファイト中の可愛いサイズが50後半に襲われました。それも全部丸見えです。

そして、数釣りも、6m前後のボトムをきちんと狙っていけば、普通にバイトが出るので、ボトムの釣り、フォールの釣りを練習するには、今の池原ダムは楽しいと思います。

実際釣れてこそ、学ぶ事も多いので、。

自分的には梅雨が明けるまでが釣りやすいと思うので、今の池原ダム、マジでお勧めです。レンタルボートはワンアップ平井さんまで。

自分も、できれば月内にもう一度行く予定です。

この動画は昨年の同時期に池原ダムで撮影した時の様子です。是非、参考にしてみて下さい。

今回のオカッパリロケでは得るものが、かなり有った。

つい先日、今年初の野池ロケをこなして来ましたが、やはり、後で体力的に来ましたね〜。まあ〜有る程度は覚悟しておりましたが、これが50歳代か?って感じ。

と言うのも、やはりいつも通り徹夜になるのが、多分効いてますね。

三重在住、オッチーの家に3時集合なので、自宅を1時にスタート。となると、自然と徹夜になる訳です。

さらに、TVロケは1日ロケなので、一発ミスれば、それが命取りになる。だけに常に集中、流石に今回は栄養ドリンクを注入しました。

「たまった疲れ」って、そのレベルは既に振り切っております。

しかし、琵琶湖には無い雰囲気、これはやはり新鮮。釣りが始まると、何かと新しい発見が有るので、必死になる。

例年、この時期はジャスターフィッシュ3.5のピュンリグが効くので、今回も、投入しましたが、期待を裏切りませんね。

普段に無い雰囲気、何気に自然の息遣いを感じる事ができます。確かに、その息遣いを感じる為に、体力的にはマイナスに向きますが、精神的にはプラスに向きます。だからまたやれる。

そして、野池マスターのオッチーもきちんと見せ場を作ってくれました。数ある野池を、どのように回っていくのか!!

野池ごとに癖があり、魚の状況も異なるので、1日で結果を出すには、色んなスキルが試されます。

普段、ボートスタイルがメインとなっている自分だけに、このオカッパリスタイルから得る事は多い。今回も、今までの自分の経験値では、攻略できなかった、ある事を、信じて攻略する事ができるようになり、さらに結果も出す事ができた。

おそらく自分一人では無理っぽい。オッチーのアドバイスが有ったお陰です。

次のオカッパリロケでは、さらに精度を高めた攻略ができる気がします。これも、地道ながら、続けているお陰ですね。

と言う感じで、今年最初の野池オカッパリロケでしたが、今回のロケの様子は、6月26日(土)「ルアー合衆国」で放送されますので、お楽しみに。

これぞハードボトム攻略の要、ハイプレッシャーの五三川で連発!を公開【ルアー合衆国】

5月22日「ルアー合衆国」で放送された内容を動画で公開。今回のフィールドは、いよいよシーズンINとなり、日々ハイプレッシャーとの戦いとなる五三川に若手のセイゴとケイタがアタック。

そんな五三川で結果を出すにはハードボトムを如何に攻略するかが重要となるが、今回のロケでも、まさしくそれを実践する事に。果たして、二人の釣果は如何に、是非、放送をご覧下さい