カテゴリー別アーカイブ: その他フィールド

250km走りまくった霞水系オカッパリロケ。

あれ、もう梅雨明け。とニュースを聞いてびっくり。まさに梅雨明けした関東で、今日は早朝4時過ぎから撮影の仕事に従事しておりました。

そして撮影の舞台は霞水系オカッパリ、と言っても今回の被写体は私ではなく、日頃から霞水系オカッパリでボコボコに釣っているピロさん。

今回、GETNET-TVで動画デビューして頂く事に。

しかし、このお方、昨日の朝練でブリキンJrで50UPを捕獲したところ。まあ~今までのジンクスで言うと、撮影前にあまり運は使わない方が良いのですが!!

まあ~でもよく釣ります。そうなると、自分でもどんな釣りをしているのだろうか!!ならば撮ってみたい!!という気持ちになる訳ですね。

ここで少し話はズレますが、いつもテレビで山登りの様子をみて、登っている主役ももちろん凄いですが、それを撮っているカメラマンはもっと凄いと思ってしまう自分。

だって登るのは当たり前で、それと同時にカメラワークをこなす訳ですからね。

釣りの撮影はまた少し違うかもしれませんが、釣りにも、撮る側と撮られる側の一体感があって、良い絵が撮れた時の達成感は自分は好きです。今回は撮る側で、その達成感は有りました。

霞水系オカッパリはエリアが広大で、本日の走行距離は250km。それだけ走って、その時々でマッチするエリアを選び、バスを釣る霞水系オカッパリの猛者達。

そんな彼らをカメラで追うのもやはり大変です。朝4時からのスタート、さらに朝から夕方まで風速7mが吹き荒れる爆風の世界、さらに気温33度、本当に体力勝負なところも有ります。

しかし、無事仕事が終わった時、至福の一本を吸って満面の笑みをうかべるピロさん。今日は一投もしていない自分ですが、まさに一緒に釣りをして釣り上げた感じになっております。

自分がデザインしたルアーを只管信じて、キャストしてくれる姿をファインダーを通して観ていると、それだけでも熱くなる。それだけでも、ここに来た甲斐があったと強く思う。

今夜は久しぶりに、ゆっくり寝れそうです。

初の津風呂湖、もっとデカいのも見たから捕りたいね

久しぶりに昨夜は死んだように寝ました。今日を湖上勤務にしなくて正解でした。徹夜明けで、さらに昨日は一時、30℃超えていたような。さらに風が無いので、もうヤバかったです。

さて、初の津風呂湖ですが、このフィールドはボートから攻めるなら、レンタルボートを利用する事になります。

昨日は、全く段取が解らず、とりあえず一人で行ったので、最初はセットするだけで時間が掛かりました。

車からボートの際までは、朝は人力なので、朝から汗をかく事に。しかし、もうこれで解ったので、次からはもっと荷物を減らします。

とりあえず、今回は津風呂湖ってどんなレイクなのかを見るのが目的だったので、気になるストレッチやバックウォーターを見に行きました。

なので、移動時間が多かったように思います。エレキフィールドとなると、バッテリーが命、今回は、オプティマ、イエローTOPのD1400を2個使用。

エレキは24Vの80ポンドなので、2日間使用しても大丈夫なパワーです。今回は8時間ぐらいの釣りで、バッテリーの使用量は35%ぐらい。風が無かったのもありますが、かなり余裕ですね。後は、後ろにハンドコンを付ければ完璧です。

次はエレキ用にオプティマ・ブルーの900を2個、ハンドコンに一個、で試してみたいですね。

釣りの方は、お陰様でブリブリの58cmをGETでき、かなりエキサイトできました。

ヒットルアーはジャスターフィッシュ3.5のヒウオカラーでピュンリグ。もう最初からこれしかないって感じです。

と言うのも、初めてのフィールドなので、訳解らずボトムの釣りに手を出すと、時間が掛かってしまう。さらにサイズも選べません。

ならば、エリアをサーチするつもりで、回遊を当てにいくのが、良かった感じです。

リザーバーの怖いところは、全てが良いポイントに思えて、雰囲気で釣りをしてしまうところです。そうなると時間が足りない。

今回も、2つの筋に絞って、その景色を見に行きましたが、かなり絞りずらい。しかも、苦手なまだフライが多い時期でした。

後半月すれば、もっと絞りやすい時期になるでしょうね。

ただ、津風呂湖のポテンシャルはかなり理解できました。今回も65クラスのチェイスが有り、一瞬目を疑いましたから。何、このデカさ。琵琶湖やんって感じです。

さらに、ジャスターフィッシュ3.5のピュンリグには反応する!!というのも解ったのも、大きな収穫です。

エリアによって、魚のレンジが違う。また時間によっても変わりました。なので、途中から、ピュンリグに0,5gのネイルシンカーを入れる、ピュンリグ改で釣っておりました。

そうなると、35クラスのキーパーサイズは釣れます。

ちなみに、このヒウオカラー、滅茶苦茶反応が良かったです。

初の津風呂湖は、ピュンリグで楽しめた訳ですが、あれだけ魚がデカいと捕れるかどうか、マジ微妙ですね。

今回使用したタックルはこんな感じ、いつもの船長ピュンリグタックルです

ロッド:シマノ・ゾディアス264UL-S
リール:シマノ・バンキッシュC2500HGS
ライン:サンライン・FCスナイパーBMS4ポンド
フック:カルティバ・バマスフック#4
ルアー:ゲットネット・ジャスターフィッシュ3.5(ヒウオ)

しかし、あのサイズ見たら、捕りたくなるね。また行きます。

この地でガイドで食べていきたい!!との熱い思いが!!

先週は、2日間ですが、サンプルのテストで高知にある早明浦ダムに行っておりました。運が悪い事に、まさに寒波とともに行ったみたいで、高知においても、琵琶湖より極寒のフィールドワークになりました。

そして、今回のフィールドワークでお世話になったのが、早明浦ダムでガイドを営んでいる大西さん。通称ペリーガイドサービス。なぜ、ペリーなのか!!たぶん聞いたかもしれませんが、忘れました。

普段から、GETNETの商品も愛用して貰っており、リザーバーでの使用感等、色んな意見を貰う事ができ、とても参考になっている。そして、今回はお互い時間も取れたので、サンプルのテストに付き合って貰いました。

ちなみに、彼には、嫁さんも子供も居る立場。その立場にも関わらず、本気でフルタイムガイドとして食べていきたいと、今必死に取り組んでいる。

そんな話も含めて、色々話をする事ができました。四国という地で、さらにこの早明浦ダムを拠点としてのフルタイムガイド。可能かどうか!!この先どうなるか!!誰にも解りません。彼にも解らないはず。

しかし、フルサイズのバスボートを使用できる貴重なフィールドで、規模も申し分ない。そして、何の根拠もありませんが、彼に言いました。もしかしたら、この規模と環境なら、MAX2~3人なら食えるかもね。

しかし、それがMAX。控えめに言えば、一人ならいけるかも。それが正直なところかも。そして付け加えて、琵琶湖は既にMAXを超えているから、これからが大変なんだと。

これはあくまでも、琵琶湖のガイドとして20年以上見続けてきた自分の独断と偏見です。

まさに、指がちぎれそうなぐらい寒くても、指をくわえて温めては、直ぐにキャストするペリー。例えガイドが無くても、できるだけ早明浦の湖上に浮き、フィールドワークを最優先事項として取り組んでいる姿勢は素晴らしい。

釣りが好き、釣りが上手、やる気がある。それは理解できる。しかしそれと食べていけるは、申し訳ないが別問題。これは本人の問題だけではなく、時代の流れ、さらに本人が生まれして持った環境(親の援助&自営)もかなり大きい。

しかし、どんな環境でも未来を切り開くのは、時代の流れでもなく、生まれてきた環境でもない、最後は自分なのも間違いない。

今回も、現場では色んな事が起こったが、そんな時でも、陽気に振る舞い、疲れた表情を見せずに頑張っていたのは、好印象でした。

そして、この早明浦ダム。高知空港から車で小一時間程度というアクセス。空港または高知市内のホテルへの送迎も快く引き受けてくれるので、かなり快適なバス釣りを約束してくれるはずです。

高知という観光名所な土地を巡り、郷土料理を頂く。そして、素晴らしい景色の中で、バスボートをフルに使用したバスフィッシングを提供できるフルタイムガイド。

もし、この高知という地でバス釣りに興味も持ったら、ペリーガイドサービスをチェックしてみて下さい。

ペリー、頑張れよ!!しかし、絶対に嫁と子を路頭に迷わしたらあかん。それだけを肝に命じて、死ぬ寸前まで頑張れ。 (琵琶湖のおっさんより)