船長ライフ」カテゴリーアーカイブ

その先にどんな魚がついていようが、それは問題ではない

昨日、数時間だけの湖上勤務で撮った一枚の写真。既にSNSでは即日公開しており、今日はその動画も公開させて頂きました。

元々は滋賀県の雪山で遊ぶ予定だった、知り合いのご家族が、山が雨になったらしく、予定変更で琵琶湖で遊びたいと連絡があり、数時間だけ一緒に湖上に出て次第。

子供達にとって初の琵琶湖で、初のバスボート。最初は少しボートに乗れればOKだと思っていたのが、やはり釣りがやってみたいとの事。

しかし、この時期なので、基本釣れない。特に不慣れな子供達にとって、バスが釣れる可能性はかなり低いのが現実。

しかし、そんな現実も、子供達には関係なし。30分が限界かな??「な〜おっちゃん、何で釣れないの??」「私、釣りたい」と年長組のお姉ちゃんは、グズリだす事に。

この時期やし難しい、琵琶湖は難しいなどの理由は子供達には通用しません。純粋に釣りたい気持ちが爆発。

となると、バスは早々に諦め、ゴイニーに切り替え、さらにキャストがいらない、バーチカルなメタルジグな釣りにシフト。そうする事で、ゴイニーは釣れ、兄弟でワイワイと楽しんでもらえました。

この時の子供達のニーズは、ロッドが曲がり、ラインを通して伝わる生命感を得る事。その先にどんな魚がついていようが、それは問題ではない。とりあえず釣れる事が1番でした。

これは、子供達に限った事ではありません。これから釣りを始める方々にも、同じように言える事。

その先についている魚に色んな価値観を見出し、またその釣れるまでのプロセスにまたまた色んな価値観を見出す。そのような価値観って、本来、押し付けるものではなく、自然に芽生えてくるもの。

今回、子供達の様子を見ていると、琵琶湖における釣りの価値観、またまた琵琶湖におけるバス釣りの価値観を改めて考えてしまう。

この琵琶湖にも、もっと色んな釣りのメニューがあれば?そう思うと、日本で1番大きな湖とはいえ、メニューが少ないとつくづく思う。

まさか50歳を過ぎてから、着ることになるとは??

今まで、なかなか着るタイミングが有りそうで、無かったツナギ。ようやく多用する時が来た感じです。まさか50歳を過ぎてから、着ることになるとは想定外で、すでに、数着必要になっております。

ちなみにこの写真は、集魚灯絡みのステンレスに手を入れる作業で、手慣れた船長さんに教えて貰いながらの作業。何かにつけて、海においては使用頻度が多く、かなり高額になる事が多々。まさに、一つ一つ勉強しながらの自分。

これから日本海はシケが続くので、どちらかと言えば、来春に向けての準備がメインとなり、この準備次第で、今後の自分の人生が決まると言っても過言ではない。それぐらい、1番大事な時になります。

自分自身、昨年の今と、今年の今では、おのずと見てる世界はかなり変わった。理想と現実のギャップをどう整理していくか?何かを得る為に、何を捨てるべきか?また何を捨てざるを得ないのか?

趣味なら、好きにやれば良い。しかし仕事にするならまた別。また高みを目指すなら、さらにまた別。

毎回思うが、50歳を過ぎてから、何か新しい事をやろうとすると、若い時とはまた異なったモチベーションの維持が必要みたい。

 

 

この冬 愛用の極寒アイテムを紹介、防寒から偏光グラスまで

今回は、まさに今、自分が愛用している冬バージョンのアイテムで、実際に写真に映っているアイテムを紹介させて頂きます。

防寒の上下はシマノのゴアで、ライフジャケットもシマノ。ちなみに、見えませんがアンダーに関しては、最近はモンベルを多用しております。

そして、キャップとネックウォーマはオーナーばりで、どちらもかなり暖かいので気に入って使っており、ここ数年はこれが定番。このオーナーばりのネックウォーマは店頭ではなかなか見かけないと思うので、もし欲しい方がおられるなら、オーナーばりの通販サイトを利用してみてください。

ちなみに、このオーナーばり通販サイト、ジャスターベイトもフルラインナップ、店頭にないカラーも全て購入できるので、かなり活用できるはず。一度、是非チェックしてみて下さい。

最後に偏光グラス。これは、どこの偏光ですか??と何度となく質問を受けておりましたが、この偏光グラスは、昨年の春から、色んなタイプを試してきて、ようやく自分にあったタイプが見つかり、今、気に入って使用しているところ。

フレームからレンズ、カラーまで、全て自分にあったタイプを厳選してできあがったもの。この商品に関しては、2022年の春には偏光サングラスのプロショップで販売可能となるモデルになるので、楽しみにしておいて下さい。月内には周知できると思うので。
フレーム、レンズ、セッティング、いずれも最高レベルなのは間違い無し。これマジですから。