船長ライフ」カテゴリーアーカイブ

今の池原ダム、数は無限バイトでいくらでも釣れます

ほぼ、毎年恒例になっているのが、この時期の池原ダム。プライベートでもTVロケでも、この時期は毎年、数回行って楽しんでおります。

数日前も2日間行っており、仕事とはいえ、かなり楽しむ事ができました。今回は三重放送「ルアー合衆国」のロケで池原IN。いつも通り、ワンアップ平井さんでレンタルボートを借りての出撃です。

TVロケでは、1日のみのロケなので、毎回ヒヤヒヤな状態です。もし、朝の3時間、エリアを間違えば、後はもう本当に大変です。

普段、通っていればまだ何とか見えそうですが、普段もいけて無いので、基本、一から自分で探すところからスタート。今回も、ロケ日の前日に練習しました。

池原ぐらいの規模になると、1日では、各エリアの雰囲気を掴むだけで終わるのが普通。本当は2〜3日やれば、詰めれるので楽しいでしょうね。

基本、池原にくる時は1人。なので、運転は眠いが、自分のペースで動けるので、お気楽。練習の時は、適度な時間で終了して、温泉に入る。今回は、初めて利用する温泉へ。

琵琶湖勤務なら、家に帰る時間ですが、既に温泉タイム。そしてその後はいつもの常宿IN。

最近のロケ時は、パソコンを持ち込まないようにしている。なので、何気にスィーツ食べながら滅多に見ないバラエティ番組を観るだけ。今はもうこれが至福の時。

普段は本当に多種多様の仕事をしている自分。だけにこのロケ先での前日は、あえて他の事は考えなくても良いので、気持ち的には何故か、リラックスできます。

と言うか、泊まりの場合、唯一睡眠時間が確実に確保できる点で、リラックスできている感じですね

そして、ロケ本番は、雨が降りそうで降らない曇天。天気的には良い感じですが、朝晩はかなり寒い状況。これが自分の予定を狂わせます。

まあ〜ロケ有る有るで、例年どおりにはいきません。またプラで魚が湧いてきたエリアも沈黙。毎度ながら楽はさせてくれません。

でも有る意味、ここが一番面白いところで、試されているところ。自分に与えられた時間は、1日のみ。この日で何とかするしかありません。

しかも、自分の立場的には、ただ釣るだけでは全く意味が無いので、ここは色々背負っております。

今の池原ダム、普通のスタイルでの釣りで、デカイのを狙うと結構難しい。しかし、数釣りとなると、もう笑えるぐらい釣れまくりで、まさに無限バイト。

半日掛からない程度の時間で、軽く40〜50本は超える勢いで反応が有りました。

今回は、そんな状況で、普段ほとんど紹介していない釣り方で、サイズ狙いも頑張ってみました。

この模様は、7月24日「ルアー合衆国」で放送予定ですので、是非、ご覧下さい。

今の池原ダム、サイズ狙いのビックベイトパターンも十分有り、今回も、ファイト中の可愛いサイズが50後半に襲われました。それも全部丸見えです。

そして、数釣りも、6m前後のボトムをきちんと狙っていけば、普通にバイトが出るので、ボトムの釣り、フォールの釣りを練習するには、今の池原ダムは楽しいと思います。

実際釣れてこそ、学ぶ事も多いので、。

自分的には梅雨が明けるまでが釣りやすいと思うので、今の池原ダム、マジでお勧めです。レンタルボートはワンアップ平井さんまで。

自分も、できれば月内にもう一度行く予定です。

この動画は昨年の同時期に池原ダムで撮影した時の様子です。是非、参考にしてみて下さい。

初めてのタイラバで、真鯛と甘鯛を狙ってみた【アマラバ】

あれ、先週で終わるはずだったデスフィーク、何故か、今も継続中。流石に、今日は昼の時点でギブ寸前まで追い込んだ感じです。

さて、自分的に今年初めてトライした甘鯛の釣りですが、若狭グジと呼ばれており、まさに高級魚。

そんな甘鯛の釣り、エリアから釣り方まで、何も解らない状態から実際に釣るまでを、動画にしてみました。時期的には、春ですが、釣り方は、あまり変わっておらず、今も同じように釣れております。

もし、船長と甘鯛狙ってみたい方は、是非遊びに来て貰えればと思います。

好きな釣りで生きていくには、ボートを降りてからも勝負??

毎度の事ながら、湖上勤務が続くと、内勤が疎かになり、溜まりに溜まっている状態。特に今月は自分の中で琵琶湖ガイド強化月間だったので、かなり頑張っておりました。

また問い合わせも多く頂き、それはそれで本当にありがたい事で、ゲスト様には感謝しております。そんな中で、動画ネタも溜まりに溜まり、原稿も遅れに遅れ、検討事項も遅れに遅れ、もう「すんません、私の完全なる能力不足です」と謝るしかない状態。

今週は、それを回復するべく、1分1秒無駄にせずフル稼働状態。

と言う感じで、昨日の昼までは、18時間近く、延々と動画の編集をしたり、書類の作成等でパソコンの前にて格闘。しかし、パソコンによる申請関係では、一つ何かつまづくと、そこから延々、調べる時間に突入。頭の線が3本ブチ切れです。

昨日の昼で、一旦内勤はストップ。午後から日本海小浜に移動。数時間前まで、延々パソコンの前で格闘した後に、次はこの景色での作業。この変化が自分の中では、楽しい状態。

数日前までは、日々5時起床で、琵琶湖での湖上勤務。

時には、豪雨の中でのコーヒータイム。これが自分の日常。そして、陸に上がれば、パソコンを叩きまくって、書類を作り、税理士さんと打ち合わせ、そして午後からは、海の際で作業に従事。

自分の仕事環境、実は全てが繋がっている関係性が、本当に面白いとつくづく思う日々なんです。

ちなみに、昨日の日本海小浜での作業は、レーダーの仮付け。ボンドカスタマーボートサービスの橋下さんに手伝って貰いました。今は、本当に色んな方々に手伝って貰っており、助けて頂いている。

だけに、自分はそれ以上に動く必要がある訳です

実際、海に出てからも、またボートの装備一つとっても、今までやってきたバス釣りとは勝手が違い過ぎるので、今は本当に一つ一つ勉強しながらの進めている状態。これはもう、釣りをする前の段階で、釣りをするだけなら、特に問題は無い。

しかし。今、自分がやりたい事は、ただ海で釣りがしたいとは、全く異なる事なので、釣りも勿論重要ですが、それと同時に、それを取り囲む環境作りも非常に重要。だから今は、寝る間も惜しんで進むしかない。

今年で51歳になった自分、もう先を考えると、悩んでいる時間は全く無い訳で、常に何かあっても、後悔しないような生き方が問われる、と言うか自分に問うている。

今、この年齢になったからこそ、忖度なしに自分のやりたい事に正直で有りたい。今の琵琶湖、若いガイドが沢山いる中、こうやって自分のガイドに来てくれるのは、本当にやりがいが有るし、勿論、続けていきたい。

そして、ゲストさんのBOXの中身を見ると、胸があつくなる。13年前、琵琶湖のそばで、木を削り、GETNETをたった一人で立ち上げた時の熱い思いが蘇る。

そして50歳からの挑戦、その舞台は日本海。そのスケールのデカさは計り知れない。

琵琶湖のフィッシングガイド、ゲットネット代表、日本海小浜でのボートフィッシング、これぞまさに船長ライフ。その全てが繋がっている訳です。

車もない家庭で育ち、家庭に負担も掛けれないので、大学も奨学金で行き、33歳までそのローンを返済していた自分。

しかし、釣りを続けていたお陰で、50歳を過ぎても、熱く楽しく生きれている。釣りに出会えて良かったとつくづく思う。

最後に、昨日、SNSでも書いたけど、「今の琵琶湖は、釣りをする上ではウィードに当たってからが勝負。好きな釣りで生きていくには、ボートを降りてからも勝負」

この解釈は、釣りだけに言える事では無いと思うけどね。

まだまだ再現性の高いボトスト、是非、この動画をご覧になって頂き、皆様のフィールドで試して貰えればと思います。