ワーム」カテゴリーアーカイブ

実はこれ少しだけ入ってます!!ゆえに生命感溢れる存在に

今日からリブレがオープンしたので、早速ボートから引き上げた青Pを整理する事に。ちなみに湖上は超冷たい風が吹き荒れておりました。

ワームを整理する中で、目に入ったのが、ジャスターフィッシュ4.5のプロブルー。自分の中では、春によく使うカラーで、さらにハスが入ってくるタイミングでもよく使っておりました。

しかし、最近ではさらにナチュラルなカラーが多くラインナップされたので、少し使用頻度は下がっておりますが、実績は十分なカラーです。

ジャスターベイトのカラーラインナップでは、やはりロールの特性を活かせるフラッシングカラーが人気ですが、しかし最近では、ハイプレッシャーや透明度が上がり気味な琵琶湖では、このフラッシングで、かえって反応は悪くなる時が多々有ります。

そんな時は、こういう単色系の出番です。

特にプロブルーは脱皮系カラーとなるので、色んな生き物が動き始める3〜6月までの実績が高く、また琵琶湖では、ブルー系でハスが入って来るタイミングでは反応が良かったです。

ちなみに、プロブルーと一口で言っても、色んなプロブルーがる有るもの、ジャスターフィッシュのプロブルーは、かなり若干ですが、パール系が入っており、何気に目立つブルーとなっており、水中の中では、生命感溢れるカラーとなっております。

ツートンカラーでも無いので、目立ったフラッシングは無い。さらにラメも入っていないので、キラキラ感も無い。しかし、それ故、何気にブルーが膨張するような感じになり、そこが生命感溢れる感じとなっております。

もし、まだ使用されていない方がおられましたら、フラッシングカラーとラメ系カラー、その間の存在カラーとして一度お試しあれ。釣れますよ。

 

 

今朝の湖畔、今年は〇〇が多く見れるよ!!ならそろそろあれやね!!

今朝は涼しいうちにあれこれやろうと、少しだけ湖畔へ。すると、昨年よりはるかにギルの姿が多い感じ。稚ギルが多く、昨年生まれたサイズですね。ここ数日で一気に見える魚が多くなりました。湖畔だけでの判断ですが、季節の進み具合を感じております。

そうなると、このギルチャートへの反応が良くなって来るでしょうね。ギルの存在が全てでは無いですが、ギルが居ると、格段に反応が多くなるので、まさに今から楽しみです。

特に少し濁ったエリアでは、かなり目立つので、良い感じですよ。この動画でも水中の様子を確認する事ができますので、まだ方が是非ご覧下さい。

カバー直下、この姿勢をイメージして!!

これはゲットネット:ジャスターホッグ&直リグのセット。一旦カバーの中に入れて、ボトムを取る。次に天井となるカバーまで上げて、そこでシェイク、通称天井シェイク。その時に水平で誘えるのも、このセットの特徴です。この写真を見ておけば、イメージしやすいですね。