カテゴリー別アーカイブ: ボート

アメリカからのオファーで撮影を!!

昨日は、海外からのお客様をピックする事から一日の仕事がスタートした訳ですが、今回は同じ琵琶湖ガイドでも釣りではありません。釣りなら、当日の朝6時過ぎに到着する堅田駅でのピックで十分。

しかし、今回は4時30分という早朝なので、大津駅までピックに行きました。

今回の仕事の内容は、バスボート関連の撮影。特にサンライズが欲しいとの事だったので、この時間になりました。

カメラマンはカリフォルニアとシカゴから来たお二人。ともに日本は初めてらしく、仕事とは言え、楽しんでいるご様子。

ただのカメラ船と言えば、楽チンですが、今回は少し違う。ここで琵琶湖バスガイドの能力が生きてきます。その時の天気と光量で、ナイスショットが撮れる場所を的確に案内しないとダメで、特にサンライズはチャンスは10分程しか無いので、うかうかできません。

この日はバスキャットジャパンの協力もあって、まさにシェイクダウンする寸前の新艇・エイラを被写体にさせて頂く事ができました。

「船長、次はこの背景で、こんなロケーションを撮れるところに連れて行ってくれ!!」と次々とオーダーが入ります。

なんか、これってバスマスターマガジンの一枚に出てきそうな感じでしょ!!

ラストは北湖での一枚を撮る為に走ります。「お~なんて、綺麗な水なんだ!!」「船長、ここはナイスだ!!」「これなら、水中からの映像も撮れるよ」

と、ためらう事なく、二人のアメリカ人はパンツ一枚になって、入って撮影しておりました。その光景を見て、より親近感がわきました。

そして、帰りの車の中で、「アプリシエイト」の言葉が!!それを聞くと、一緒に仕事ができて良かったと思う。

これがアメリカのバス関連の、WEBやカタログ、もしかしたらバスマスターに採用されるかも。そう考えるだけで嬉しくなるもの。

アメリカ人を無事、駅に送り届けた後、珍しく夕暮れ前の琵琶湖でたたずんでおりました。本場のアメリカから、バスボート関連の撮影で、この琵琶湖が選ばれる。自分がバス釣りをスタートした時では考えられない事。

そして、それを今は自分が案内できる訳ですから、本当に面白い。長い事、続けていれば色々あるもんです。しかし、それもこれも、琵琶湖という湖のお陰です。

本当に、自分はこの湖に生かされている事を痛感する。湖畔を見ていると、勘違いせず、この湖のほとりで生きていける意味を噛みしめようと思いました。

 

初めて一日でオプティマを使い切った

昨日は自分のアルミボートを使って、撮影しておりましたが、久しぶりに釣りする前の段階で、かなりヘロヘロ状態になりました。もう準備するだけで、ため息が何回出たことか!!

さらに、今回は前日はおろか、一週間前の練習とかも全く無く、ぶっつけ本番。

なので、悪い傾向ですが、バッテリーを一日で使い切る程、動いてしまいました。
自分の中で、オプティマバッテリーを一日で使い切るには、初めてだったので、それだけは良い経験になったと思います。

時間ができれば、マップで今回の走行距離を調べてみようかな!!

さらに、夕方のチャンスは、まさかのバッテリー残量が、スロープに帰るだけがギリギリ状態だったので、釣りどころでは無かった感じです。少しドキドキ。止まったら、最後はバタ足しか無かったので。

これに懲りて、次はパドルも準備する必要がありそう。

自分にとって、取材は殆んどアウェイなフィールドとなるので、もっとアジャスト能力を高めないとダメですね。次の取材も、かなり厄介なんで、ちゃんと時間を作って練習します。

初の津風呂湖、もっとデカいのも見たから捕りたいね

久しぶりに昨夜は死んだように寝ました。今日を湖上勤務にしなくて正解でした。徹夜明けで、さらに昨日は一時、30℃超えていたような。さらに風が無いので、もうヤバかったです。

さて、初の津風呂湖ですが、このフィールドはボートから攻めるなら、レンタルボートを利用する事になります。

昨日は、全く段取が解らず、とりあえず一人で行ったので、最初はセットするだけで時間が掛かりました。

車からボートの際までは、朝は人力なので、朝から汗をかく事に。しかし、もうこれで解ったので、次からはもっと荷物を減らします。

とりあえず、今回は津風呂湖ってどんなレイクなのかを見るのが目的だったので、気になるストレッチやバックウォーターを見に行きました。

なので、移動時間が多かったように思います。エレキフィールドとなると、バッテリーが命、今回は、オプティマ、イエローTOPのD1400を2個使用。

エレキは24Vの80ポンドなので、2日間使用しても大丈夫なパワーです。今回は8時間ぐらいの釣りで、バッテリーの使用量は35%ぐらい。風が無かったのもありますが、かなり余裕ですね。後は、後ろにハンドコンを付ければ完璧です。

次はエレキ用にオプティマ・ブルーの900を2個、ハンドコンに一個、で試してみたいですね。

釣りの方は、お陰様でブリブリの58cmをGETでき、かなりエキサイトできました。

ヒットルアーはジャスターフィッシュ3.5のヒウオカラーでピュンリグ。もう最初からこれしかないって感じです。

と言うのも、初めてのフィールドなので、訳解らずボトムの釣りに手を出すと、時間が掛かってしまう。さらにサイズも選べません。

ならば、エリアをサーチするつもりで、回遊を当てにいくのが、良かった感じです。

リザーバーの怖いところは、全てが良いポイントに思えて、雰囲気で釣りをしてしまうところです。そうなると時間が足りない。

今回も、2つの筋に絞って、その景色を見に行きましたが、かなり絞りずらい。しかも、苦手なまだフライが多い時期でした。

後半月すれば、もっと絞りやすい時期になるでしょうね。

ただ、津風呂湖のポテンシャルはかなり理解できました。今回も65クラスのチェイスが有り、一瞬目を疑いましたから。何、このデカさ。琵琶湖やんって感じです。

さらに、ジャスターフィッシュ3.5のピュンリグには反応する!!というのも解ったのも、大きな収穫です。

エリアによって、魚のレンジが違う。また時間によっても変わりました。なので、途中から、ピュンリグに0,5gのネイルシンカーを入れる、ピュンリグ改で釣っておりました。

そうなると、35クラスのキーパーサイズは釣れます。

ちなみに、このヒウオカラー、滅茶苦茶反応が良かったです。

初の津風呂湖は、ピュンリグで楽しめた訳ですが、あれだけ魚がデカいと捕れるかどうか、マジ微妙ですね。

今回使用したタックルはこんな感じ、いつもの船長ピュンリグタックルです

ロッド:シマノ・ゾディアス264UL-S
リール:シマノ・バンキッシュC2500HGS
ライン:サンライン・FCスナイパーBMS4ポンド
フック:カルティバ・バマスフック#4
ルアー:ゲットネット・ジャスターフィッシュ3.5(ヒウオ)

しかし、あのサイズ見たら、捕りたくなるね。また行きます。