ボート」カテゴリーアーカイブ

業務モードに向けて。しかし凄まじいコスト高??

昨日と今日は、そろそろシーズンINに備えて、業務モードへの最終チェック。と言う事で、仕事道具でもっとも重要なバスボートをあれこれしておりました。

多分、この冬の間に、自分の存在を知ってくれた方から見れば、自分は海の人で、(へ〜バスボートも持ってはるんや〜?)って感じかも。それぐらい殆ど海のボートしか乗っていなかった感じです。

と言っても、自分の本職で乗るボートはこれです。海のボートとは比較にならない滑走スピード。さらに、ドライビングテクニックが必要とする面白い乗り物。

しかし、今の時代は、まさに魚探戦争で、前後で4台の魚探を積むのが普通になってきました。一台、本体だけで最低50万とすれば、それだけで200万。もう中古の船が買える程度。

ちなみに、主力となる魚探メーカーは殆ど海外性となるので、故障は普通。保証も、それなりなので、常に代替えを自分で用意する必要が有り、凄まじいコスト高となっております。

昨日と今日の作業も、やはり魚探絡み。前はパーツを変えれば、正常になってOKだが、次は後ろが、いまいち。この際、最新が欲しいけど、いれたら、60万コース。1ヶ月分のガイド代が軽くぶっ飛ぶ状態です。本当に悩みどころです。

まあ〜そんな感じで、琵琶湖ガイドという職業、年々コスト高となっており、かなりうまくやらないと、年々利益率は悪くなっている仕事といえるでしょう。

とは言え、自分はこの仕事が好きなので、自分のできる範囲で、楽しみながらやりますけどね。

イヤイヤやる仕事よりも、多少大変でも、好きな仕事をする方が、自分的には幸せだと思うので。

 

 

春までに仕上げていかないと!!

既にタイムリーには掲載しているが、午後からは久しぶりにバスボートを色々確認しに行っており、来季に向けて触るところをチェックしておりました。

以前に比べたら、ラフを無理に走らず、巡航速度も抑え気味。かなり丁寧に使っているつもりですが、やはり数年経てば、色々出てきます。

ソルトで使用しているボートは、バスボートよりはるかにデカくて重いのに135馬力。それに比べて、バスボートは275馬力。まさに倍。

今はまだ、このギャップが楽しくて仕方ない自分。

バスボートで走る疾走感はたまらなく最高、またソルトで地平線に向かって走る壮大なスケール感もたまらなく最高。

今の自分にとっては、ソルトと琵琶湖が、色んな面でリンクして、相乗効果が出ており、今後どうなるか、とても楽しみなところ。

そんな事を考えながら、琵琶湖もソルトも、さらに快適なボートライフを楽しめるように、また仕事ができるように、春までに仕上げていくつもり。

まずは、琵琶湖用には魚探、日本海用にはレーダーを装備したいところ。言うのは簡単ですが、やるとなると、色々掛かりますね?カタログみて少しため息です。

魚探掛けの予定でしたが、強風で断念!!

今日は琵琶湖に出るぞ〜夜明けと同時に事務処理に取り掛かり、9時の朝一番で荷物を出すなど、キテパキこなして、10時から湖上へとリブレに。

しかし、既にババ荒れでやめる事に。今日は、やっとハミンが使えるようになって、魚探掛けする予定でしたが残念です。

今年は本当に魚探の活用がフルで効いてくるので、楽しいのですが、無いなりに新芽も探したかった!!

しかし、ボート自体が全然大丈夫でも、エンジン、エレキ、魚探に少しでも何か不安があると、かなりストレスとなるのがボートでの釣り、

そう考えると、荒れた中での走行が一番気を付けないとね!!久しぶりにボートの掃除や魚探のデーターも触れたので、できる仕事します。