ソルト」カテゴリーアーカイブ

最高に楽しめる家族でのチャーター船で、アコウがボコボコ。

9月12日は日本海勤務。ゲストさんは普段、バス釣りをされておられるお父さんで、今回は、娘さんと従兄弟さんの3人でオフショアに挑戦です。

まずは今が旬のエギングからスタート。この日は海が穏やか、かつこの景色の中で釣りができるだけでとても楽しくなります。お父さんも、この景色を見て、「海外に来てるみたいや〜」と一言。

自分もこの景色の中にいるだけで、癒される日々となっております。

ちなみに、お父さんは殆どソルトは未体験ですが、娘さんの方が、ソルトに行かれているようで、ロッド捌きもなかなかのもの。

しかし、ファーストヒットはお父さん。

まずまずのサイズをゲット。もう満面の笑み。

さらに、お父さん絶好調。こうなると、もう皆んな、同じようなエギを使い、同じようなシャクリをやる事になります。

一限目のエギングはお父さんの一人舞台となり、一旦終了。次の二限目はメインのアコウ狙い。普段バス釣をされているお父さんは、バススタイルで狙えるこのアコウがメインとの事。

しかし、お次は娘さんと従兄弟さんが、アコウ連発モード。

数日前の日本海勤務では、バススタイルで狙えるアコウもそろそろ終わりかな??と思ってましたが、この日は今が旬か??かと思わせる程、バイトだらけ。

しかも、ナイスアコウも入ります。

反応が出るから、みんなもう夢中。

そして、一限目のエギングで好調だったお父さんが、一番釣りたいアコウで苦戦。これは、フォール中のバイトを取れて無かったせいで、そこを意識してから、無事ナイスアコウをキャッチ。

反応があるので、自分の中で色々試せる。練習できる。再現性がある。これでドンドン上達していきます。

ちなみに、ヒットルアーは全てこれ。ジャスターシャッド4.2&カルティバ・静ヘッド20g&24g。

根掛かりが多発、また潮が走っておりボトムが取りにくい時は、1ozフリーリグでもOK。使い分けが必要です。

そして、ラスト少しだけ青物もやりますが、数回バイトはあるも、GETできず、そのまま終了となりました。しかし、1日を通して、常に何かしら反応が有ったので、船上は常に楽しい感じでした。

ゲスト様、1日お疲れ様でした。アコウ祭りは如何でしたでしょうか??また皆様で、遊びにきて下さいね。今後とも琵琶湖と日本海ともによろしくお願いします。

そして帰港の際、お父さんと娘さんのツーショットを撮る従兄弟さん。他人の目を気にする事なく、気心知れた身内だけで、さらにその日の状況で、色んなプランを模索できるのも、少人数のチャーター船だからこそできるサービスでもあります。

その辺りの事を理解して頂けるゲストさんには、琵琶湖同様、日本海にも是非遊びにきてほしいところです。

来月からはいよいよ秋本番で、サイズアップするティップラン、そして青物狙い。色んな魚種が狙える楽しい季節です。

是非、興味ある方は、船長の日本海ガイドサービスもご利用ください。皆様のご連絡お待ちしております。

9月5日 船長日本海ガイドの模様を動画で公開中ですので、是非ご覧下さい。

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドサービスでは10月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

また過去に利用された方に関しては、メールやDMでも承りますので、ご連絡お待ちしております。

なお杉戸船長日本海ガイドサービスに関しては、ただいまWEB作成中ですので、それが稼働するまでは、直接インスタのDMやフェイスブックのメッセンジャーでお問い合わせ下さい。

なおソルトガイド予定日に関しては、リブレの琵琶湖ガイド可能日を参考にして貰っても大丈夫です。

なお、基本、琵琶湖ガイド同様、完全チャーター船となるので、2〜3人でガイドに来られるのがベストだと思います。

また天気の状況次第やスケジュールの変更具合で、少人数での乗合プランもやっていく予定です。

この少人数乗合プランでは、3人集まれば、出撃しますが、あくまでも、こちらから提示する日程のみ可能となり、天候次第で募集しますので、常にこのブログをチェックしておいて下さいね。

琵琶湖ガイド、日本海ガイド、ともによろしくお願いします。

タックルはこんな感じです。船長日本海ガイド

昨日(9月5日の日曜日)は船長日本海ガイドでしたが、手堅いアオリイカとアコウが不発で、釣れれば良いな〜と思っていた青物が好調の結果となり、日替わり感があるとは言え、海もかなり秋らしくなってきました。

ゲストさんもメジロをダブルヒット。私も入れてトリプルヒットも有るなど、完全に群れが入ってきた感じです。

後半月もすれば、予定ではいよいよヒラマサも狙って捕れる可能性があるので、忙しくなりそうです。

今回は、来週からソルトガイドを申し込みされている方にタックルデーターを掲載しておきますね。

自分の場合、小浜沖、水深80m前後までは、殆どこのタックルでカバーしており、今年は90オーバーヒラマサもこのタックルでゲットしております。

船長使用タックル【日本海ライトジギング】

ロッド:シマノ・GAME typeLG S631R
リール:シマノ・ツインパワー4000
ライン:サンライン・PEジガーULT8 1.5号
リーダー:サンライン・システムショックリーダーFC25LB
ルアー:カルティバ・撃投ジグ・レベル60g 80g
フック:カルティバ・ジガーライト段差早掛2/0(または段差ホールド2/0

このタックルで重要なのは、おそらくロッドです。これは釣る海域やスタイルでかなり変わると思いますが、比較的潮が緩い小浜沖で、水深80mまで、さらにその中で、効率よく、サイズの良い青物を釣るには、比較的、小さなジグを、しっかり動かすのが、おそらく一番近道だと思っております。

これは昨年、自分で潮を読んで、自分で船をたてて、自分でジグを操作して魚を探しながら、釣った経験値。中でも徹底的にヒラマサに的を絞った釣りを展開した中で、自分が感じた事です。

なので、使用するジグはMAX100gまでにしているので、それを考慮すると、ロッドパワーはシマノでは1または2が良いでしょうね。

これは、ワンピッチをいかにリズムよく、快適にできるかどうかに繋がります。

ちなみに、使用するジグは、カルティバ・撃投ジグレベル60gと80g、この2タイプで殆どOK。

要は、セミロングタイプがベスト、これならブリやヒラマサ、基本どちらも釣りやすいと思います。

あとヒラマサをバイトさせやすいのは、やはりダートアクション。そうなると、ロングジグですが、小浜沖では捕食しているベイトも大型では無いので、小さいロングジグの撃投ストライクがおすすめです。

そして、まさに今からベストシーズンとなるアオリイカ。船長日本海ガイドでも、プランに入れており、人気ターゲット。

水深は25m前後まで探る感じで、エギのサイズは月内前半は2.5、中盤から2.5から3号が無難です。シャローでは通常のエギングでもOKですが、ボートなので、自然とティップランになると思います。

そうなると、自分の場合は、通常のエギングで使用しているカルティバのドロー4をそのまま使用したいので、鉛のヘッドを装着したり、アゴリグと言われるシンカーを装着するのもありですね。

自分は大体10g15gでこなせております。

ロッドはシマノのクロスミッションS66ML-S、このクロスミッションは、ソルトのマルチロッドで、特にティップにタフテックが搭載されているので、イカメタルからティップランまで、かなり使い込んでおります。

リールはバス用の2500番にPE0.6&フロロ8〜10ポンドでOKです

最後にタイラバ。こちらも、青物が渋い時、タイを狙う時など、出番が多い釣り。

狙う水深は大体80m前後が多いので、目安で水深プラス20mぐらいの重さが丁度良い感じなので100g、さらに潮が早ければ120 150gって感じ。

しかし、100gと120があれば大体いけます。ちなみに甘鯛は深いエリアなので、150gがプラスとなります。

使用タックルはシマノクロスミッションB66ML-S、リールはバス用ベイトリール、それにPE0.8にリーダーはフロロ12ポンド

この辺りで用意しておけば大体何とかなると思います。

と言う感じで、月内の船長日本海ガイドは、ベースプランはまずはティップランでアオリイカをゲットして、そこからライトジギングで青物、そこにタイラバを入れるか、アコウを入れるかは状況次第となります

まあ〜そこは、チャーター船なので、ゲストさんと相談してより楽しんで貰えるようにプランニングしていく予定です。

8月23日の船長日本海ガイドの模様を船長ライフでアップしました。是後、ご覧下さい。

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドサービスでは10月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

また過去に利用された方に関しては、メールやDMでも承りますので、ご連絡お待ちしております。

なお杉戸船長日本海ガイドサービスに関しては、ただいまWEB作成中ですので、それが稼働するまでは、直接インスタのDMやフェイスブックのメッセンジャーでお問い合わせ下さい。

なおソルトガイド予定日に関しては、リブレの琵琶湖ガイド可能日を参考にして貰っても大丈夫です。

なお、基本、琵琶湖ガイド同様、完全チャーター船となるので、2〜3人でガイドに来られるのがベストだと思います。

また天気の状況次第やスケジュールの変更具合で、少人数での乗合プランもやっていく予定です。

この少人数乗合プランでは、3人集まれば、出撃しますが、あくまでも、こちらから提示する日程のみ可能となり、天候次第で募集しますので、常にこのブログをチェックしておいて下さいね。

琵琶湖ガイド、日本海ガイド、ともによろしくお願いします。

動画を公開。人生初のイカメタルに挑戦する女性お二人、道具は前日に購入、

8月4日は夕方から日本海勤務夜の部、と言う事でイカメタルに行っておりました。ゲストさんはこの日初のイカメタルに挑戦する女性お二人で、前日に釣具屋さんに行って、ラインを巻いてもらい、イカメタル用品を購入するなど、準備の段階からかなり盛り上がっておりました。

そして当日、前日までの荒れ模様は収まり、海上からみる夕暮れも、また情緒があって最高に楽しいもの。自分も操船していながら、毎回見惚れてしまう程。

そして、ライティングをし始めて、早い段階からベイトが集まり出し、また潮も飛んで無いので、初心者にはかなり良い条件。

すると、1時間もかからないうちに次々とマイカがヒット。

これには、もうゲストさんも大はしゃぎ。まさかこうもあっさり釣れるとは思って無かった様子。しかも、自分で購入したエギやスッテに反応すれば、なおさら嬉しいもの。

そして、数時間もすれば、釣れる棚にあわせる事も上手になり、サイズアップ。もう最初の1〜2時間とは別人(笑)やはり釣れるという事は素晴らしい事で、

釣れるからドンドン色んな事が吸収できるって感じです。

こんなサイズのマイカが連発すれば、楽し過ぎます。

流石に、初めてのイカメタル、慣れない船釣りでしかも夜釣り、前半、かなり大はしゃぎしたので、お二人ともラストはお疲れモード。それも仕方ない事です。

しかしチャーター船は、自分達のペースで楽しむ事ができるので、途中で休憩するのも有り、また少し早く帰港するのも良し。ある意味自由。それができるのがチャーター船。

と言う事で、少し早く帰港。ゲストさんにとって、人生初めての日本海イカメタルは、かなり楽しんで貰えたようです。

その時の模様を【船長ライフ】で動画で公開したので、是非、参考にして貰えればと思います。二人で並んで釣りをされていて、横は連発、自分は無。その光景を見ていると、色んな事がわかるので。

只今、杉戸船長琵琶湖ガイドサービスでは9月下旬までのご予約を承り中です。リブレに直接電話。( 077-573-5656 ) またはリブレWEB予約フォームからお申し込み下さい。

また過去に利用された方に関しては、メールやDMでも承りますので、ご連絡お待ちしております。

なお杉戸船長日本海ガイドサービスに関しては、ただいまWEB作成中ですので、それが稼働するまでは、直接DMでお問い合わせ下さい。

なおソルトガイド予定日に関しては、リブレの琵琶湖ガイド可能日を参考にして貰っても大丈夫です。

来月からは、いよいよアオリイカのエギングからティップラン、そしてライトジギングでのヒラマサ狙い、タイラバなど、海もかなり賑やかになってきます。

完全チャーター船ゆえに、ゲストさんと相談の上で、色んなプランニングが可能となります

既に来月はライトジギングでのご予約が入ってきており、ヒラマサを狙っていきます

現状の船長日本海ガイドは琵琶湖ガイド同様、完全チャーター船となるので、2〜3人でガイドに来られるのがベストだと思います(最大4名)その辺も、お気軽にお問い合わせ下さいね。