カテゴリー別アーカイブ: 船長日記

来期に向けて新たなモデルも。しかし7年前に出たルアーも最前線なのがゲットネット

本日は萩ちゃんと上州屋栗東店にお邪魔しておりました。青い壁のメンテナンスも兼ねて、スタッフさんと今後について色々お話させて頂きました。

只今、船長琵琶湖ガイドで釣れている、ジャスターシャッド4.2の弱チューンですが、自分が使っているセットをそのまま持ってきて展示させて貰います。どんな感じで、ダブルクレンが繋がっているのか!!ネイルシンカーはどうやって入っているのか!!

もう現物を見れば、一目瞭然ですからね。そして、このセットに必要な小物系も全て準備万端。これを見て、その場で揃えて購入できる状態となっております。

ちなみに、いま関東方面で売り切れ続出となっている、ジャスターフィッシュ3.5のオリカラ「喰わせワカサギ」がほんの少しだけ有りましたよ~。ご希望の方は、是非!!

そして、営業後は萩ちゃんと打ち合わせ。もう来年の事ばかり。新しいサンプル待ちの分も多く有りますが、新しいカラーも決めていかないと!!

お陰様で、大人気となっているジャスターフィッシュ3.5ですが、これも発売してから、既に7年も経っているモデル。しかし、今も人気が続き、多くのアングラーから支持を頂いております。

それと同時に、使用して頂いているフィールドも全国へと広がっており、色んなカラーのニーズが出て来ております。それに応える為にも、釣れるカラーを追加したく、今まさに萩ちゃんと相談中。

発売されてから7年も経っているルアーに関しても、今もこうやって色々できるのは、本当に幸せな事。我慢しなければならない事も多いですが、今後も長く使って貰えるルアー作りを続けていきたいですね。

徹夜で池原ダムの湖上勤務、増水で活性高いね~。

今日は、昨日のフルのガイド終了後、徹夜で池原ダムに向かい、あれこれと仕事しておりました。

前回はTVのロケで来ており、その時はまれにみる夏の減水で、色々経験させて貰いましたが、今の水位は10m以上上がっており、例年より少し少ない程度。

ちなみに、この水位になってから、数はかなり釣れており、普通に釣りをするなら、かなり楽しい池原ダムになっております。

なので、ルアーに関して色々するには丁度良い感じなんです。

今日は、久米さんが手伝いに来てくれており、二人であれこれと作業。お陰様で、かなり助かり、予想以上に進める事ができました。

まあ~いつも思う事ですが、かなり地味な作業の連続で、これも琵琶湖でやれば、時間もコストも最小限でできますが、それは自分の思うところではないので、やはり色んな条件でやりたいと拘っております。

そして、お昼は湖上ランチで、いつものコンビニ弁当。残念ながら、これが今の自分に似合っている感じ。あくまでも、色んなフィールドで、さらに最後は自分の眼で確認。

ちなみに、こうやってランチを取りながらも、常に眠いの連続。できれば、自分も徹夜でやりたくないが、自分自身が納得したいだけで来てる。はっきり言って、時間のロスが大きく、ビジネスとしては正解とは言えないです。

もし、釣りをしていない社長であれば、この行為は趣味の域で、経費としては許可おりないかもね。それぐらい、対費用効果は悪い感じ。

しかし、常に現場に向かう事で、協力してくれる方も多くなり、池原ダムでは毎回、ワンアップヒライさんにお世話になっております。今日も、整備の行き届いたレンタルボートをお借りして、仕事を進める事ができました。

平井さん、いつもありがとうございます。また来月伺いますので、よろしくお願いいたします。

ちなみに、予定より早く業務が終わったので、早く帰路につけたものの、最後の最後にハラハラドキドキな事がありました。

甲南から新名神にのり、何気にガソリンメーターを見ると、残り1/4弱程度。普通に走れば、余裕で帰れる量。しかし、草津手前の長いトンネルに入ると、何となく嫌な予感。

スピードダウンし、かなり前方で騒がしい。後方からサイレン鳴りまくり。すると、ナビが、「今走行中のトンネル内で事故が発生」と案内。

そして、トンネル内で渋滞停止。最悪。もう戻れない。ヤバい、ガソリンが持たないかも。ドンドン、ガソリンが減っていき、この時初めて、燃費の悪い車だと再認識する事に。

もう最悪、ガス欠も覚悟しましたが、何とかギリギリ回避でき、草津SAで直ぐに補充しました。

やはり高速に乗る時は、余裕を持って入れておかないとね。お陰様で、眠気はぶっ飛びました。

丁度一週間程前に「弱チューンの魔力」の動画を公開させて頂きましたが、その時に使用していたタックル等を詳しく説明した動画も作ってみたので、是非参考にして貰えればと思います。

本編はこちらの動画です。

25年前の写真やで~。ここから自分のバスボートライフがスタート

今日のガイドは台風の為順延。なので朝から延々内勤業務。そして台風となればやはり船が気になるので、休憩ついでに船を見に行ってそれなりの準備。

やはり仕事道具の前に好きなので、気になる。本当は家のガレージに入れれば最高なんですが。

ちなみに、この写真は5月にアメリカに行った時に見てきたNEWモデル・リンクス。今、一番自分が気になっているモデル。

最強のバスボート誕生!「Lynx リンクス」

Presence of other makers.”Lynx”リンクスLength 20'8" Beam 96"Std. Boat Weight 1900lbsYAMAH SHO275 Japan ModelBOB's 8"hydraulicjackplateYAMAHA SHO Prop 25pDiameter: 15.125, Pitch: 25TopSpeed 76Mile/h(122.5km/h) 6000rpm2018Model Price Coming Soon!

バスキャットジャパン BassCat Japanさんの投稿 2017年7月28日

ビーフリークの橋本さんの撮影、さらに実際のドライブを感想を聞いて、妄想の世界に浸る自分。まあ~大人になっても、これだけ気になるものが有るのは、本当に幸せな事。

仕事の合間に、カタログを見たり、WEBをチェックしているだけでも楽しいもんです。

ちなみに、この写真は初めて当時のフルサイズバスボートを購入した時のもの。日付も入っており、1992年10月。今から約25年前。一緒に居るのは、もちろん今の嫁さんですよ。

その時は、50万の中古車を買うのにも必死になって貯めていたのに、このボートの時は確か中古で350万だったかな。殆どフルローンで、色んな意味で大変だったけど、かなり楽しかった。

もちろん、休日は釣りオンリー。宿泊も100%車中泊。食べ物は、家でおにぎりを作り、少し贅沢をして、ホカ弁の焼き肉弁当。普段は食べてものり弁オンリー。例え自分は食わなくてもボートのガソリンだけは入れるようにしていた。

ホテルや外食は贅沢極まりないと思っている。外食や宿泊は、それに見合うか稼ぎができてから。今もその気持ちは大いにある。

また当時は周りも皆そんな感じ、今、一緒に琵琶湖で頑張っているガイド仲間も皆同じ感じでやってきた。今、見渡せば、残っているのは、親が凄いボンボンか、その時、車中泊手弁当で頑張ってきた仲間のどちらか。

まあ~そこまでしても、バスボートの釣りに憧れ、バス釣りが好きだった。

そして、念願のフルサイズバスボートを手に入れて、4年後の1996年。次は車を購入。ハイラックスサーフ。この車も自分のプロアングラー生活を一緒に歩んできた大事な道具でした。ちなみに、写真は、サーフがフルモデルチェンジ後すぐに購入したので、雑誌の取材となった訳です。

今も昔も周りはランクルが多いが、かなりの高級車。当時20代の時、同世代がランクルを乗っているのが、本当に不思議で仕方無かった。今の年齢なら解るが、20代で、どうして。話してても、頭は斬れない、顔をみても稼げる雰囲気は全くないのに。

それに比べれば、自分は能力が無いのか!!40代にしてようやく本当に好きなSUVを乗れるようになった。サーフを購入してから20年近くたってしまった。

自分は本当に好きなボートと車に出会い、乗れるようになるまで長い年月が掛かったと思う。しかし、最初に乗った時と同じ気持ちで居れるのは、本当に幸せかもしれない。

時間は掛かろうと、一つ一つその時の自分の背丈にあうような物を買う。また欲しいものが自分の背丈に合わないなら、合うように自分を成長させ、その時が来るまで我慢する。そうなった時、不思議とすんなり自分の側に来てくれる気がする。

恰好良いボート、車が欲しい、またこんな風になりたいなど、若い子やゲストさんから相談を受ける事もちらほら。欲しいと思う事は素晴らしい事やと思う。欲しいものを手に入れる、なりたい自分になる。そんな思いは、誰しもある

こんな自分で恐縮ですが、アドバイスするなら、単純ですが、「諦めない事」それに尽きる。最大の敵は世の中や、貧乏に生まれた自分の不運ではなく、「どうせ無理」と思う自分自身の中に居ますから。

「どうせ無理」少しでもそう思った瞬間からもう無理なんで、何も思わず生きた方が良い。それが賢明です。

さらに、もう一つ、まさに自分の場合ですが、特に裕福な家に生まれた訳でもなく、センスも頭脳も凡人な人間が何かやろうと思ったら、何かを犠牲にしないと手に入らない。残念ですが、それが凡人に生まれた宿命で有り、バランスです

人並みに8時間寝て、週に2日間休みを取って、さらにそこから何か欲しいと思うのは、なかなか難しいかなと思います。

台風前のひととき。仕事の合間にバスキャットのカタログを見て色んな事を思い、戯言書いてみました。あくまでもこれは自分の独断と偏見ですので、悪しからず。