カテゴリー別アーカイブ: ボート

気が付けばバスキャットファミリーが4人も居ました

本日の船長琵琶湖ガイド終了後、鷹野さんのお買い物のお付き合いも有り、ビーフリークへ。初めての店内に驚きのマグナム鷹さん。「船長、この空間はヤバい」と連呼。

もう最高の大人のオモチャ箱で、さらにキャット好きにはたまらない空間。いつも、自分がよく言う、「キャバクラよりかなり楽しいお店」である事に共感して頂きました。

外では納船前の入念なチェックを受けているプーマがスタンバイ。その光景を見ながら、鷹野さんと二人で子供のように話していると、そこに、ガイドのゲストさんでもあるIさんが登場。「船長のシェビーがあったから、寄ってみました」と

Iさんも、船長琵琶湖ガイド後にキャットの新艇をオーダー。そこから、またまた皆でボートの話で盛り上がります。

さらにお次は、デプスの上田君も登場。気が付けば、キャットファミリーが4名。たかが4名、されど4名です。

日本におけるメジャーなボートでは当たり前かもしれませんが、10年前、いつかこうなる事を願って、琵琶湖にたった一人で、現行モデルのバスキャットに乗り始めた自分としては、単純に嬉しい限りです。

この写真は、2年前バスキャット社のCEOでもあるリックと一緒に釣りをした時のもの。ただの言葉だけではなく、本当に日本に来てくれたその行動力や、聞く耳を持つ彼のボート作りの姿勢に惚れたから、さらにキャットが好きになったのかもしれません。

只今、ビーフリークとバスキャットジャパンでは、来月早々に、あるバスキャット絡みのイベントを企画中。只今最終調整しているところです。正直、まさかもうそれが実現できるとは!!というのが自分の感想。興味のある方には、かなり刺激的なイベントになるかもね!!楽しみにしておいて下さいね。

ついにお披露目の時が!!パンテラクラシック

さてさて、かなり準備は進んでおりますが、細かいところがまだまだ。そして、明日から移動する訳ですが、今回はボートも運んでいく予定。

と言うのも、今回の会場ではオーナー針とバスキャットは隣なので、ボートも展示する予定。そんでもって展示する予定のボートはバスキャット・パンテラクラシック。

写真は今年の5月にバスキャット本社に行って、実物を見てきた時のものですが、リンクス同様、かなりインパクトが有り、「これはいける」と思ったボートです。

19フィートでありばがら、オーバー20を目指せる唯一のボート。そのポテンシャルもさる事ながら、気になるお値段も!!色んな意味で、かなり注目度の高いボートになっております。

まあ~その辺りは、まずはブースに来て頂き、現物を見て貰えればお解り頂けると思います。もちろんスタッフもきつちり説明させて頂きますので、お気軽に立ち寄って下さいね。

最初は、ジャパン向けに考えたの!!と思ったぐらい日本にジャストフィットするパンテラクラシック。しかし、そこは開発者のリックの深い思いと意味が、このボートには有りました。なぜこのサイズ感なのか!!

さあ~明後日、国内初のお披露目となります。皆さん、来てね~。と言うかGETNETもよろしくお願いしますね~。

現行マーゲイ、ついに琵琶湖の湖上へ

朝からビーフリークで少し打ち合わせ。その後は、マーゲイの納船式。森安さん、かなり嬉しそう。昨年、アメドリの大会に行き、そこでキャットのスイッチON。そして、本日、新艇の納船となりました。

奥さんも、娘さんも一緒になって納船を喜んでくれている。この光景は、側で見てて、こちらも嬉しくなります。

森安さんも、長年、スプークで頑張って、やっと本日、この船にたどり着く事ができましたと。そして最後にキャットに出会って良かったと、語ってくれました。

森安さん、納船おめでとうございます。キャットは長く乗れば乗る程、味が出てくるので、その味を楽しんで下さいね。次はマーゲイで釣りに連れて行って下さいね。今後ともよろしくお願いいたします。

ちなみに、自分のバスキャット人生はここからスタート。確か9年前だったかな!!これが自分の元々のマイカラーです。

この時、琵琶湖で現行モデルのバスキャットを乗っていたのは自分一人でした。琵琶湖で一人というのが現実です。

しかし、こうやって一人一人バスキャットファミリーが増えていくのは、本当に嬉しい限りです。

さあ~もう少ししたら、上州屋鈴鹿中央店に向かいますね。