カテゴリー別アーカイブ: ソルト

3時間だけの癒し釣行。でも満足でした。

CIMG6995_R

今日は、本当の数年ぶりとなる日本海小浜のアジ釣り、オンリーワンに行ってきました。と言っても午後の3時間のみ。しかも行くと決めたのは昨夜。まさにドタバタで何とか行けた感じです。

kimg3215.jpg

ちなみに、タックルはご覧のようにバスタックルのみ。毎回、次はアジ釣り用のタックルを揃えて行こうと思うも、思い続けて10年以上経ちました。

今回も、エクスプライドの170Lとステラ2500。専用が良いのは理解してますが、年に数回なら、これでも良いか!!という感じです。要は今あるタックルでいかに遊べるか!!ですね。

CIMG6980_R

ちなみに、毎年、8月の一週目の週末は家族で海に行くのが恒例行事でしたが、さすがに子供たちが大きくなると、クラブや塾の夏季講習で日程が合わず、海には行けない状態。

本当に気が付くと子供達は大きくなっており、全然遊んでくれません。本当は、カブトやクワガタ取り、川遊びに、海遊びと色々行きたいのに。いつの間にか大きくなってもうた。

そこで、嫁さんが、久しぶりに海釣りに行きたいと言うので、昨夜、一気に段取りをしました。嫁さんも、久しぶりの釣りにスイッチが入ったようで、かなり夢中。

CIMG6981_R

少しやれば直ぐに感は取り戻せたようで、アジ釣りを満喫しておりました。

CIMG6993_R

また自分にとっても、超久しぶりの海だったので、この景色や潮の香を感じているだけで、かなり新鮮。やっと趣味の海釣りができました。殆ど毎日、琵琶湖で釣りをしている自分ですが、趣味もやはり釣り。今は、海がまさに趣味みたいなものです。

CIMG6996_R

アジはスタート時から反応が続き、サイズも色んなサイズが混ざってくるので飽きません。

CIMG6997_R

さらにタイも釣れました。

wp-image-1927917337jpeg.jpeg

クーラーの中が見る見る間に狭くなってきました。今の自分にとって近くて遠い日本海。自宅から急いでいけばわずか1時間の距離にある日本海なのに。本当に釣りが好きになると、人の一生ってマジで短すぎる。もっと釣りができる環境作りに励みたいと思う。

久しぶりの湖上勤務、4時間で満喫。50UPは2本

CIMG3712_R

約10日振りの琵琶湖。さすがにこの時期にこれだけの期間、遠征を入れると、帰ってから地獄。まさに天国と地獄を経験中。

今日も、かなり無理やり半日だけ時間をとり湖上に出る事に。こうやって用意しているだけでもかなり新鮮な気持ちです。

CIMG3714_R

そして、念願の湖上へ。帰ってきた感じ。

CIMG3719_R

そして、ウィードの成長を吟味しながら、まずは例年のエリアを探っていくと、案外バイトが多い。さらに絞って行くと、3か所目でドスンと手応え有り。

CIMG3730_R

このサイズの顎は掴み甲斐が有ります。

CIMG3742_R

余裕の50UPをGET。

CIMG3744_R

ヒットルアーはジャスターフィッシュ3.5のダウンショット。最初は、ジャスターシャッドでダウンショットをやってましたが、サイズが伸びません。そこで、フィッシュにすると、バイトが深くなり、サイズもUPです。

CIMG3758_R

さらに、バックシートの久米さんも連発モードで、これは手応えヒット。

CIMG3772_R

数の中にこのサイズが混ざるので油断できません。

CIMG3782_R

この魚も余裕の50UP。

CIMG3783_R

お口の中には、やはりジャスターフィッシュ3.5のダウンショット。カラーは青ジャコでした。

CIMG3752_R

結果、4時間程度の湖上勤務でしたが、反応が多く、50UPも2本混ざるなど、かなり楽しむ事ができました。

シャローから沖まで、かなり広い範囲で反応が有り、これから色んな状態の魚が多くなるので、その辺りをどう絞っていくかが、重要になるでしょうね。

CIMG3745_R

使用タックルは

ロット:シマノ・ゾディアス168LBFS
リール:シマノ・NEWアルデバラン
ライン:サンラインFCスナイパー10ポンド

偏光グラス:コンベックス社 N2モデル

4月23日、三重テレビ「ルアー合衆国」で放送された内容を動画で公開。フィールドは春の五三川。普段より減水が進んだ状況の中、杉戸船長と萩ちゃんが選んだ釣り方とは!!

まさにリアクションバイトを誘発するその動きを水中映像で公開。まさに百聞は一見にしかず。是非ご覧下さい。

初体験、冬の日本海へ23フィートの挑戦

CIMG2654

本日は、急遽ビーフリークの橋本部長のお誘いを受けて、冬の日本海・小浜に行ってきました。小浜と言えば、今から20年程前、自分がジギングをスタートさせたエリアで、かなり通い慣れたエリア。しかし、ここ数年は殆ど行って無かったので、自分のテンションはかなり上がる事に。

ちなみに、今回はデプスの上田君も同行、ジギング数回目の彼にとっては過酷な釣行になりました。

CIMG2658

そんな通いなれた日本海・小浜ではありますが、今回は自分にとってある意味未体験ゾーンを経験する事に。それは何かというと、いつもは40フィート越えの遊漁船に乗っておりましたが、今回は橋本部長ではなく橋本船長が指揮をとる23フィートの小型船でした。

写真では解りずらいですが、最大で2m近い波が有る状況。そんな中、40フィートではなく、23フィートでガツンガツン沖に向かうので、橋本船長を信用してない訳では無いですが、正直少し怖さを感じました。

それは、昨日北湖のラフウォーターをニコニコ笑いながら超えていく自分と同じ。これでお客さんの気持ちが少し解ったような気がします。勝手なものですが、自分がハンドルを握ってないと怖いもんです。

wp-1454472784322.jpeg

そして、釣りの方ですが、釣れる範囲が狭く、活性はかなり低い状態。なので、日本海ド定番のジャガジャガ巻きで、食わせるしかない感じ。

ツバスを混ぜながらも、運よく70cm手前のヒラマサをGET。

1454494193394

さらに、60cmオーバーのハマチに、さらにもう一本ヒラマサを混ぜる事ができました。この時期定番のツバスの入れ食いではなく、テクニカルな部分が要求される内容だったので、かなり楽しむ事ができました。

落とせば何でも食う入れ食い状態は意外に飽きますからね。

1454494160361

数年ぶりに来て、小浜でこの時期にヒラマサをGETできたのは、かなりラッキーでした。最後まで走ってくれたので、引き味は抜群です。さすがヒラマサですね

CIMG2655

ちなみに、このジギングタックルは自分の物。いずれもやり始めた頃に揃えたもので、かなり古いですが、愛着が有ります。そして今日のヒラマサを2発掛けたヒットルアーは、いずれもブリスの120g。橋本船長にお借りした物。

これは引き感も軽く、フォールの時に、センターバランスでドリフトするので、かなり使いやすかったですね。次行く時は、自分で買いたいと思います。

ここでもガイドのゲストさんの気持ちが解りました。と言うのも、自分が沈黙している時、橋本船長が連発させているのを見て、思わず「それ貸して」と言いましたから(笑)

そして、そのカラー違いを貸してもらい、そこからヒラマサ&ツバスが連発でした。偶然か必然かは解りませんけど、欲しくなったのは事実です(笑)

1454494201241

こうやって、実際触ってみると、最新のジギングタックルも欲しくなります。昔に比べたら安くなっております。

CIMG2653

しかし、それ以上に興味が湧いたのがお船。無理はダメですが、23フィートでこの波を超えて、釣りができた事に驚きです。橋本さんの操船もさる事ながら、さらに流し方も、かなり釣りがやりやすく、いつでも遊漁に転職できる腕前です。

一日釣りをして、帰りの車の中で、「GETNETソルト事業部を立ち上げたら、船買えるかな~!!」と毎度のごとくいつもの病気が発生。まあ~考えている時が一番楽しいもんです。

橋本部長、今日はありがとうございました。またタイミングが合えば、誘って下さいね。上田君、次のリベンジまた行きましょうね。