作成者別アーカイブ: 杉戸繁伸船長

20日の琵琶湖ガイド。数釣りは順調でした。

8月20日の琵琶湖ガイド。ゲストは神戸からお越しの志村さん。今年は琵琶湖で厳しい洗礼を受けているので、今日はとりあえず釣りたいとのオーダー。

と言う事で、悩み無用で北湖へGOです。

まずは手堅く釣ってもらうべく、いつものやつを投入して貰うと、反応ありあり。直ぐに曲がります。

サイズは数釣りサイズですが、直ぐに反応が有るので楽しい。

ゲストさんが、あっさりポンポンと釣られたので、自分も釣る事に。あっさり釣れるので、やはり楽しい。

ゲストさんが連発させていたのは、ジャスターフィッシュ3.5のDS。カラーはスパークワインに好反応でした。ちなみに、自分はコアユ。要はフラッシングがあるカラーが良かった感じです。

数も二桁楽勝ペースになったので、次なる釣りにチェンジ。

この釣りは、今からまさにベストシーズンとなる釣り方ですが、ベイト次第。とりあえずチェックがてら流していくと、浮いてきましたね~。丸々とした50UPが。それも数回。

ゲストさんも、このバイト丸見えの釣り方に興味深々。しかし喰わず。これからさらにベイトが入れば、スイッチが入るはず。今からですね。

その釣り方はジャスターフィッシュ3.5のネイルリグによる、高速トウィッチ釣法。秋が楽しみです。

シャローの次は、10mディープの釣りも少々。ゲストさんにとって、初めての北湖で、初めて経験する10mの釣り。かなり新鮮で楽しいご様子。

色んな釣り方が体験できるのも琵琶湖の素晴らしいところですね。

やはり反応があるのは楽しい。ちなみに、ゲストさんがこのサイズで遊んでいると、突然、重いバイトが有り、あっさりラインブレイク。数釣りと思って油断していると、あきません。ここは琵琶湖、いきなりきますので。

午後の後半は南湖。水温は確実に下がってきておりますが、お気軽には釣れません。と言う事で、今日は北湖で数を釣って楽しむ一日となりました。

志村さん、お疲れ様でした。今日は手堅く釣りに行って良かったですね。また秋も楽しみましょうね。今後ともよろしくお願いいたします。

ちなみに、よく質問があるジャスターフィッシュ3.5の表層高速引きにつかうロッドについてですが、PEラインを使用するなら、ロッドはこれがお勧め。

シマノ・ゾディアス270UL+。ジャスターフィッシュ3.5が軽量な為、これぐらいティップが入り、柔らかい方がキャストは格段やりやすい。

ラインが伸びないPEでは、反対にロッドが曲がって吸収してくれる方が良い。また別の選択として、キャストに慣れれば、一つ上のパワーとなるエクスプライド270L+も使える。

もし、ほぼジャスターフィッシュ3.5での使用なら、270UL+が無難です。

只今、船長琵琶湖ガイド9月末までのご予約を承っております。ガイド可能日の確認&ご予約はリブレ予約フォームからメール、または直接リブレの方に電話して貰えればと思います。皆様のご連絡、お待ちしております。